2018年12月02日

三枚の写真 / 三木聖子・石川ひとみ

16の頃、あなたは18…、2つ年上の彼はいませんでしたけど、もしも、いたら…と想像して歌ってみました。
歌詞が、とっても切ないです。想像して歌うと歌の世界に、すっぽりと入ってしまって、泣きそうになります。
こんな時、自分では、とてもいい歌が歌えた、と思うのです…。


https://youtu.be/FEgnsGBLnms



三枚の写真/三木聖子 1976年
作詞:松本隆 作曲:大野克夫

十六の頃 あなたは十八
夏のまぶしさ 覚えてますか
はしゃいだ砂に ふれ合う背中
ゆれる笑顔に ぽつりと聞いた
ねえ 目をそらさずに
目をそらさずに 好きって言える
ねえ 目をそらさずに
目をそらさずに 好きって言える
ふたりならんだ 写真の海が
ああ 指先を ぬらしています

十七の頃 あなたは十九
手にひんやりと 谷川の秋
目かくしをした あなたの腕に
冷たいねって 涙おとした
ねえ 目をそらさずに
目をそらさずに 好きって言える
ねえ 目をそらさずに
目をそらさずに 好きって言える
ふたりの間の 落葉が今も
ああ 心へと 吹き込んでます

二十才の私 あなたは二十二
写真の春に あなたはいない
別れ間際に 振り向いた街
あのまなざしは 焼きついてたのに
ねえ 目をそらしても
目をそらしても いいのよ あなた
ねえ 目をそらしても
目をそらしても いいのよ あなた
過ぎた月日が 残したものは
ああ 三枚の 写真だけです


恋のスタジアム/三木聖子 1976年
作詞:荒井由実 作曲:和泉常寛

あなた まっ白なスニーカーで
心に忍び込み
恋をシュートした 時間切れの
ゲームみたく すばやく
金網にもたれ 見つめる私
ただこっちむいて 微笑むあなた
 最初の頃はもっとドキドキして
 私が想うよりも 愛してみて
 二人だと 優しいのに
 みんなの前じゃつめたい
 最初の頃はもっとドキドキして
 私が想うよりも 愛してみて

あなたのセーター 首に巻いて
ひとりで待っている
二人帰るには たそがれだし
スウィートな時間よ
ボールのように あなたの目の前
今すぐに とんでゆきたいのに
 最初の頃はもっとドキドキして
 私が想うよりも 愛してみて
 二人だと 優しいのに
 みんなの前じゃつめたい
 最初の頃はもっとドキドキして
 私が想うよりも 愛してみて

最初の頃はもっとドキドキして
私が想うよりも 愛してみて
▲ページのトップへ戻る

タグ:三木聖子
posted by takimari at 19:09 | Comment(0) | 石川ひとみ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]