2008年02月01日

小犬のプルー/みんなのうた


https://youtu.be/rIWS1vZ5d9E



「プルー」を愛する管理人さんが集められた情報が満載。
当時の懐かしいプルーの記憶が甦って来ます♪
小犬のプルー私設ファンサイト/イヌの生活←クリック

小犬のプルー/みんなのうた
作詞:林權三郎 作曲:裄V剛

ひとりぼっちのボクが
プルーと逢ったのは
夏も終わりの北国(きた)の街
ボクをみるなり駆けてきて
優しい眼をしてついてきた

ひとりぼっちのボクと
プルーがねむるころ
おまえの体に吹きつける
冷たい風が気がかりで
眠れぬ夜もあったのさ

ひとりぼっちのボクと
プルーが別れたのは
哀しい眼をした日暮れ時
だれかにお前を頼めたら
今また逢いにゆけたのに

栗毛色した小犬のプルー
ゆくえの知れないボクのプルー
posted by takimari at 18:30 | Comment(0) | みんなのうた・童謡・唱歌 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]