2008年01月31日

浦部雅美 / 歌詞

少し遠出をしてみませんか

人気ブログランキングへ お役に立ちましたら、クリックをお願いします♪

少し遠出をしてみませんか/浦部雅美 1976年
作詞:中里 綴 作曲:森田公一

少し遠出をしてみませんか
二人の愛も衣替えです
枯葉色した石ころ道を
肩を並べて歩く
とても自然にまわされた
あなたの腕がやさしい
何かを言えば みんな壊われそうで
ただ幸せが続くようにと願う

少し遠出をしてみませんか
風も涼しくなってきました
夏の日焼けをシャツにつつんで
静かな午後を過ごす
小さな店でお茶を飲み
みつめられてる喜び
涙ぐみそう花の香りにさえ
今幸せに私の胸はゆれる

知らない街の ひとときに
二人の愛のたかまり
素敵な事が 今に起りそうで
そっと目をとじて
あなたの言葉待つの

知らない街の ひとときに
二人の愛のたかまり
素敵な事が 今に起りそうで
そっと目をとじて
あなたの言葉待つの



タグ:浦部雅美
posted by takimari at 20:34 | Comment(0) | 歌詞 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。