2017年05月19日

夏をあきらめて / 研ナオコ

「オケが完成していた」シリーズです。
実は、オケ完成直後に歌っているのですが、ただのカラオケのようになってボツになりました。今回は歌唱を少し工夫してみたのですが、これならどうでしょうか。丁寧にキレイに歌いすぎてはいけない歌なんですね。
キーは低い所に合わせました。これより下の音は出ません。
あえて絶好調の時を避け、声の調子が悪い時を待って挑戦してみました。
クリ花粉がやって来ています!


https://youtu.be/6jxtzpzuZg8



夏をあきらめて / 研ナオコ
作詞作曲:桑田佳祐

波音が響けば 雨雲が近づく
二人で思い切り遊ぶはずの On the beach
きっと誰かが 恋に破れ 噂のタネに邪魔する
君の身体も 濡れたまま 乾く間もなくて
胸元が揺れたら しずくが砂に舞い
言葉も無いままに あきらめの夏

Darlin' Can't You See ?
I'll Try To Make It Shine
Darlin' Be With Me !
Let's Get To Be So Fine

潮風が騒げば やがて雨の合図
悔やしげな彼女とかけこむ Pacific Hotel
うらめしげにガラスごしに 背中で見てる渚よ
腰のあたりまで切れ込む 水着も見れない
熱めのお茶を飲み 意味シンなシャワーで
恋人も泣いてる あきらめの夏

Darlin' Can't You See ?
I'll Try To Make It Shine
Darlin' Be With Me !
Let's Get To Be So Fine

岩影にまぼろしが 見えりゃ虹が出る
江ノ島が遠くに ボンヤリ寝てる
このまま君と あきらめの夏
posted by takimari at 19:09 | Comment(0) | 研ナオコ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。