2018年09月01日

いもうと / 叶正子・高木麻早

高木麻早さんで思い出しました!
伴奏なしの「鼻唄」に、わいずふぁくとりいさんが後付で伴奏を作ってミックスしてくださったものをYouTubeで公開しました。

高木麻早さん、因幡晃さんも歌われていますが、未発表のレコーディング曲となった叶正子さんのバージョンが1番アレンジが好きです。
サーカスのメンバー・叶正子さんは、73年第6回ポプコンにこの曲で出場されました。


https://youtu.be/rShQ6VMh2mY


私は長いこと埼玉県人で本籍もすでに地元なのですが、生まれたのは宮城で小学校入学前までいました。少ない宮城の記憶がこの歌を聴くと甦るのです。当時、父が「わら」で米袋を作る会社をやっていたので、庭には「わら」が積み上げられ、いとこの男の子と潜って遊んだものでした。あぜみちとか、川の板橋とか…単語を取り出したら思い出話にキリがないのです。
*歌詞を間違えている箇所があります。ごめんなさい。

MusicTrackで公開しています。
※伴奏なし 鼻唄
http://musictrack.jp/musics/67709
※後付で、わいずさんが伴奏を付けてくださいました!
http://musictrack.jp/musics/67708




いもうと / 叶正子・高木麻早
作詞:木下シゲ、作曲:木下 純

赤き帯 ちいさくゆれて
ホタルとぶ 夜のあぜ道
なたねがら ふりて呼びたり
ふるさとの
川の ほとりの板橋よ
わらの匂いよ
いもうとよ 幾年 逢わぬ

むらさきの たもとも長き
千代紙の 着せかえ人形
抱きしめて 遊びし秋の
ふるさとの
寺の縁側 落葉降る
銀杏の雨よ
いもうとよ 幾年逢わぬ

粉雪の そでにかかりし
静かなる 田舎の駅に
別れしは 十二の冬か
ふるさとは
夢さえ遠く 涙散る
旅路にあれば
いもうとよ いつの日逢わん
いもうとよ いつの日逢わん

2010-07-13 12:16:25


posted by takimari at 20:20 | サーカス | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。