2012年12月17日

銀座カンカン娘/高峰秀子

東京の花売娘」「東京娘」に続き、「娘シリーズ」の第三弾です(*^_^*)
今回も須佐卓郎さんのオケをお借りして、わいずふぁくとりいさんがアレンジしてくださいました。オケも歌も、かなりいい感じに仕上がったと思います。
3番の歌詞で「男なんかにゃ 騙されない…」とあるのですが、「騙されないぞよ」と「騙されまいぞよ」と二通りあるようで、「騙されないのよ」でもよかったかな〜と思いました。2番では「こわくはないのよ」なんですけど、啖呵を切りたくなった直後なので「〜ぞよ」なのでしょうね。
わいずさんの「ウィンドウショッピング」のイメージに合う、明るい街の画像が少なくて、夜景になってしまったところが、ちょっと残念ですが、今回は高解像度で揃えてみました。わいずさんのコメントがYouTubeにありますので、ご覧ください。


http://youtu.be/w7TOxF1xv5g




posted by takimari at 11:51 | Comment(16) | (歌)カテゴリに歌手名のない曲 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
男性ですよね(*^_^*) どうでもいいことですけど、
…では、わいずさんを女性だと?
わいずさんも男性です(#^.^#)

高野浩幸さんも好きでした。少年ドラマシリーズで大活躍でしたね。
Posted by takimari at 2013年02月26日 21:37
>えっ、伊集院さんは女性なのですか??


 いいえ、私は男ですよん。同性の高野浩幸さんや熊谷俊哉さんなどにドキドキということはなかった、という意味です(笑)。

>「猿の軍団」に、そんな政治的な背景があったとは知りませんでした。

 ピエール・ブール氏の逸話は有名で、他に「戦場にかける橋」も書いています。人種的な偏見もあって、日本に対してはあまり良い感情を持っていなかったようですね。ちょっと残念です。
Posted by 伊集院 隼人 at 2013年02月26日 20:35
>同性にドキドキというのは、さすがにありませんでした。
えっ、伊集院さんは女性なのですか??

斉藤浩子さんのご主人は定岡正二さんの弟さんなんですね。
ブログがありました。Seesaaだったのですね(*^_^*)
http://nezumi35.seesaa.net/

NHKでは映像が残っていないものが多いようですけど、Wikiによると、
「視聴者が家庭用ビデオで録画した映像が寄贈され〜」
DVDにもなっているって、すごいことですね。

「猿の軍団」に、そんな政治的な背景があったとは知りませんでした。
Posted by takimari at 2013年02月25日 22:00
 >斉藤浩子さん、私は「猿の軍団」でファンになりました。

 「猿の軍団」は子門正人さんの歌うOPテーマ曲が強烈で、当時は「何処かで愛が」にまでは気が回りませんでした。確かに良い曲ですね。カラオケあると良いですね。当時は斉藤浩子さんも、あんなに綺麗になるとは思いませんでした。
 そう言えば、「猿の軍団」は放送中から、「猿の惑星」のパクリだとか言われて、裁判沙汰になったんでしたね。でも、元ネタの「猿の惑星」はもともと、フランスの小説家ピエール・ブールがフランス領インドシナで、侵攻してきた日本軍の捕虜になったことを屈辱に思って、日本人=猿という風に揶揄して書いたんですよね。だったら、どっちもどっちなんじゃあない、っていう感じで受け取っていました。
Posted by 伊集院 隼人 at 2013年02月25日 21:12
斉藤浩子さん、私は「猿の軍団」でファンになりました。
その中で歌われた「何処かで愛が」が大好きで、ずっとカラオケを探しています。
こちらは斉藤浩子さんではなく、別の方が歌われています。
http://www.youtube.com/watch?v=vY3WrRn83qg

「その街を消せ」を辿ったら、少年ドラマシリーズはDVDになっているんですね。
TSUTAYAのネットレンタルを始めたので、借りられるかと喜んだのですが、ネットのレンタルにはありませんでした…。

トランザムの曲は心に残りますね。みんなのうたの「地球の仲間」が好きです。
http://youtu.be/nyF014Xmq8Q
Posted by takimari at 2013年02月24日 14:31
>「その町を消せ!」の、森田千鶴子(斉藤浩子)に、なんとなくドキドキしていたような気がします。

 同性にドキドキというのは、さすがにありませんでした。確か、森田千鶴子を演じた斉藤浩子さんは、巨人軍のピッチャーだった定岡正二さんの弟の徹久さんと結婚されたんですよね。「少年ドラマシリーズ」は、映像がほとんど残ってないうえに、楽曲もレコード化されたものが少ないので、こういったものは本当に貴重です。

「風信子どこへ」(七瀬ふたたび)深野義和
  http://www.youtube.com/watch?v=oPFL9yq2tfU
Posted by 伊集院 隼人 at 2013年02月24日 14:28
 少年ドラマシリーズ。もっと視たかったけど、なかなか視にくい時間帯だった。
 「その町を消せ!」の、森田千鶴子(斉藤浩子)に、なんとなくドキドキしていたような気がします。
 このあたりが私のアイドルの記憶の中で、一番「ほのか」なところで、もしかして別の人だったかもしれないし。
 でも、少年ドラマシリーズに出ていた女の子の中に、ドキドキした女の子がいたことは確かだと思う。
Posted by わいずふぁくとりい at 2013年02月24日 01:24
 そう言えば、こんなものを見つけました。トランザムは、この曲をきちんとレコード化しなかったのでしょうか?もしそうなら悔やまれます。

「季節」(その町を消せ!) トランザム
  http://www.nicozon.net/watch/sm19905625
Posted by 伊集院 隼人 at 2013年02月23日 17:59
「少年ドラマシリーズ」、よかったですよね〜。中学に入ってからは部活で遅くなって、見れなくなってしまったのが残念でした。
「なぞの転校生」「未来からの挑戦」を見て眉村卓さんを知って、「ショートショート」という読み物に興味を持ちました。
「二十四の瞳」を途中で終了したように感じたのは、2部に続くからだったのですね。
Posted by takimari at 2013年02月22日 11:16
>「二十四の瞳」は何度かテレビでも放送されていますよね。私が最初に見たのは、NHKの「少年ドラマシリーズ」でした。

 どうやら私たちの世代は、「少年ドラマシリーズ」の話題とは、切っても切り離せないようですね。私が「二十四の瞳」の映画版を見たのは、私もNHKで「二十四の瞳」を見たのですが、途中で終わるような形になっていたので、最後まで見たいと思ったからです。確かNHKの方は、1〜2年後に第2部が放送されたんでしたよね。
Posted by 伊集院 隼人 at 2013年02月21日 21:01
お聴きくださって、ありがとうございました。
「二十四の瞳」は何度かテレビでも放送されていますよね。私が最初に見たのは、NHKの「少年ドラマシリーズ」でした。私も、この時は小6でした。
天本英世さん、お近くの方だったのですね。何だか、そういうのってうれしいです。有名人のお知り合いって、なかなかいませんよね。
そういえば、SNSで「友達かも?」に有名人が表示されると、盛り上がっちゃうみたいですね。友達の友達の…が有名人、だったらうれしいです(#^.^#)
Posted by takimari at 2013年02月21日 10:31
>「二人だけ」は、OKmusicのアメリカサイトで公開していますけど、内緒みたいにこっそりとやってましたので、リンクしていませんでした。
>よろしかったら聴いてみてください。

 早速聴いてきましたが、そんなに気にされる必要はないと思えるような出来栄えでしたよ。なお、「二十四の瞳」を観たのは小学6年の時で、「喜びも悲しみも幾歳月」を観たのは中学2年の時です。「二十四の瞳」に大石先生の夫役で出演していた天本英世(と言うより死神博士と言った方が早いかな?)さんは、母の実家の近くに住んでおられて、子供の頃から「神童」と呼ばれるほどの秀才で、外交官志望だったそうです。確か地元の中学から、七高→東大と進んだと聞いていたと、母が言っていました。だから「二十四の瞳」に俳優として出ているのを見たときは、大変驚いたとのことです。
Posted by 伊集院 隼人 at 2013年02月20日 21:49
ありがとうございます!
伊集院さんも、古い映画をご覧になるのですね。
映画主題歌だったそうで、気にしないで歌ってしまいましたので、映画を見た後で歌ったら、違った感じで歌えたかもしれません。

洋楽は、007の「ユア・アイズ・オンリー」と…、「二人だけ」だと思います。
英語が苦手なので、歌に集中出来ないのです(*^_^*)
「二人だけ」は、OKmusicのアメリカサイトで公開していますけど、内緒みたいにこっそりとやってましたので、リンクしていませんでした。
よろしかったら聴いてみてください。

二人だけ
http://okmusic.fm/#!/works/2896?n=We%27re%20all%20alone%20%2F%20takimari
ユア・アイズ・オンリー
http://musictrack.jp/musics/28683
Posted by takimari at 2013年02月20日 19:25
 「銀座カンカン娘」いいですね!takimariさんの澄んだ声で歌うと、「カンカン娘」のイメージが少し可愛くなります。高峰秀子さんと言えば、私が思い出す映画は「二十四の瞳」か「喜びも悲しみも幾歳月」になります。(古いですね!)どちらも映画を見て泣いた記憶があります。そしてスクリーンの中の高峰さんは、本当に天使のように美しかった!

 ところで曲目を見ていて気が付いたんですが、takimariさんは洋楽は歌われないのですか?幾つか歌って戴きたいものがあるので並べておきます。気が向いたらお願いします。

 「Johnny Angel 」  Shelly Fabares
  http://www.youtube.com/watch?v=hIuYd0GzMjs

 「Top of The World」 Carpenters
  http://www.youtube.com/watch?v=zq-mnUsoiVQ

 「Rose Garden」 Lynn Anderson
  http://www.youtube.com/watch?v=WO4wcNVbYOQ

 「Take Me Home, Country Roads」 Olivia Newton−John
  http://www.youtube.com/watch?v=geB6pudWpBA

 「Luka」 Suzanne Vega
  http://www.youtube.com/watch?v=VZt7J0iaUD0

 「Stranger In Paradise」 Sarah Brightman
  http://www.youtube.com/watch?v=EG0NCJBDpAE
Posted by 伊集院 隼人 at 2013年02月19日 20:19
ペケさん、いつもありがとうございます!
古さを感じさせない曲でした。
オケとアレンジがよかったのだと思います。
本当に楽しかったです(#^.^#)
Posted by takimari at 2012年12月18日 11:53
takimariさん、こんばんは。

古い曲でも、ノリが良くて、楽しそうに歌われていますね〜。
Posted by ペケ at 2012年12月17日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。