2011年07月19日

窓 / 谷山浩子

久しぶりに谷山浩子さんの曲を歌いました。
相変わらずなピアノ伴奏でごめんなさい。


http://youtu.be/HRyVcuzNkcY

※JASRAC許諾廃止につき、楽譜は削除しました。

窓/谷山浩子 1977年
作詞作曲: 谷山浩子


教室の窓から見る秋は
いつも不思議に光ってた
北向きの窓のすリガラス
ギリシャの海も見えた

思い出せばもう夢の中
午後の陽射しにまどろめば
遠いアコーディオンのすすり泣く
光と影の世界

やさしい時代を置き去りに
やがて街へとび出した僕には
教室の窓がもう見えない
夢の行き場がどこにもない

授業をひとりでぬけ出して
空き部屋の窓から空を見た
幾億年もの時の彼方
空翔ける船を見た

思い出せばもう夢の中
一枚の窓のそのむこうに
見しらぬあしたがふるえていた
きらめきふるえていた

いくつも街を歩くうちに
いつか外の世界は狭くなる
教室の窓がもう見えない
夢の行き場がどこにもない

やさしい時代を置き去りに
やがて街へとび出した僕には
教室の窓がもう見えない
夢の行き場がどこにもない
夢の行き場がどこにもない



posted by takimari at 15:54 | Comment(2) | 谷山浩子 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
nemotaさん、はじめまして。
素人の歌をお聴きいただき、コメントまで残してくださって、ありがとうございます。
谷山浩子さんの曲は、曲も詞も心に響いて入って来ますね。
この「窓」も、映画の一シーンのように景色が浮かんで来るようです。
急に暑くなりましたので、おからだ、ご自愛ください。
どうもありがとうございました。
Posted by takimari at 2015年07月14日 11:50
なんだかこちらのサイトにたどり着いて、お歌を聴かせていただきました。この窓という歌は自分にとって谷山浩子さんを好きになる原点になった曲です。浩子さんではない方の歌もまたいいですね。しみじみ聴かせていたたきました。ピアノも素晴らしいです。ありがとうございました。
Posted by nemota at 2015年07月14日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。