2010年05月16日

安全地帯 / 歌詞

碧い瞳のエリス アトリエ あなたに We're alive エイジ Endless オン・マイ・ウェイ  悲しみにさよなら Kissから 恋の予感 ダンサー つり下がったハート 熱視線 眠れない隣人 Happiness Big Joke 瞳を閉じて …ふたり… ブルーに泣いてる マスカレード 真夏のマリア 真夜中すぎの恋 La-La-La ラスベガス・タイフーン Lazy Daisy Yのテンション ワインレッドの心



初めてワインレッドを聴いた時、玉置さんの歌声に恋をしました。あの歌声は、私たち女性を天の"フワッとした"世界へと導いてくれるのです。
YouTubeで当時のワインレッドの映像を見ました。歌い終わりに声に出さず「まり」と何度も囁かれていました…(私のことですか?)
玉置さんはいい恋愛をしながら、素晴らしい曲を作り、愛しい人を思いながら歌われていたのですね。だからあんなに心を打たれるのだと納得。

あっ、私でも歌の世界で恋する事は重要で、恋して歌うといい感じに仕上がります。音楽友達の、バ○さん、わい○さん、そして新○さんは歌の世界で勝手に恋人とさせていただいております。(ご迷惑をおかけします。)ボーカルの方はぜひ実践してみてください。

玉置さんにはこれからもたくさん恋をされて、いい曲を作って歌っていただきたいです。
でも、あまりしゃべり過ぎないでください…。昔のようにシャイで無口なほうがカッコいいです。どうかお願いします。


碧い瞳のエリス/安全地帯
1985年
作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二

なくした夢は碧い海の色
あなたにそっとうちあけたい
ひとりきりを忘れるように
どんなに悲しいことも わたしに伝えて
あなたの瞳のエリス みつめかえして

泣きたい夜にひらく古い宝石箱
少女でいれば叱られない
恋のために髪を切る日は
涙はこぶその風が 教えてくれるよ
あなたに逢うためだけに 生まれてきたと

はじめて聴いた声がなつかしい
想い出よりもあたたかくて
ふたりきりで眠れるように
みつめてかなえる願い 言葉はなくても
あなたに逢うためだけに やさしくなれる

どんなに悲しいことも わたしに伝えて
あなたの瞳のエリス みつめかえして
▲ページのトップへ戻る


アトリエ/安全地帯
1984年
作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二

アトリエの 屋根裏部屋で 手紙を読んだ
キャンドルの 消えそうな灯り ふるわせる風
もう忘れたい あの ときめきが
こわれた古い時計を さみしく刻んでいる
カナリアが 来たのは9月 あなたを知らない

オルゴール さびついたまま ほこりにかくれ
ピアニシモ 弾くひとのない なつかしい夢
いま 逢いにゆく この恋人は
あなたに 似ているけど そう あなたではない
電話(ベル)が鳴る 雨音のように 誰もいないのに
▲ページのトップへ戻る


あなたに/玉置浩二
1984年
作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二

Tonight 夜があなたをとてもやさしくする
どんなことばも きこえないほどに魅せられて
Tonight 熱い吐息が胸をほどいてゆく
ふたりいつでも なぜ愛しいのにふるえてる
あなたは心の中に いま何をみるの
悲しくさせるなら みつめない
あなたの綺麗な瞬きに Goodbye

Tonight 夢は誰にも話してはいけない
いつかひとりで 眠れない夜に思いだして
あなたにあげられるのは もうぬくもりだけ
ふたりでいるためにひとりきり
こんなにそばにいるというのに
悲しくさせるならみつめない
あなたのその綺麗な瞬きに Goodbye
あなたの綺麗な瞬きに Goodbye
▲ページのトップへ戻る


We're alive/安全地帯
1983年
作詞:松尾由起夫 作曲:玉置浩二

夢みる頃をすぎていつか
ふりかえる街に風は吹きぬける
俺の声はとどいているか
遥かな広野をめざして
We're alive たしかな出逢い
きらめく時はあしたの夢 Oh Yeah-Yeah
We're alive 胸うつひびき
心のままにいまを生きて

駈け上がる丘息は白く
透きとおる風はいつも新しい
俺の声はとどいているか
見わたすかぎりの広野に
We're alive たしかな夢を
この手につかむその時までOh Yeah-Yeah
We're alive 思いをかさね
心をひらきいまを生きて

吹きぬける風を俺の胸にきざむ
時のながれをそのまま美しくとどめて

We're alive たしかな夢を
この手につかむその時までOh Yeah-Yeah
We're alive 思いをかさね
心をひらきいまを生きて
We're alive たしかな夢を
この手につかむその時までOh Yeah-Yeah
We're alive
▲ページのトップへ戻る


エイジ/安全地帯
1983年
作詞:松尾由紀夫 作曲:玉置浩二

銀色に輝くアスファルト
乾いた風のゆくえ
若さがひとつの不足だった
傷つけあわずには求められずに
細い指先で煙をあやつる
けぶるように笑うと
あどけない頬が見えかくれする
とぎれとぎれの思い出に
きみの泣き顔が重なる
それもいまはさりげない 
さよならが最後さ

街角にきえる背中(うしろすがた)に
ほんの少しの悲しみ
若さがひとつの不足だった
憎みもせずには愛せずに
洗いたての髪もてあそびながら
軽く話しかける
大人びた口もとが好きだった
とぎれとぎれの思い出に
きみの泣き顔が重なる
それもいまはさりげない 
さよならが最後さ

おもわせぶりないたずらっぽい瞳
まっすぐにみつめると
すみきったまなざしがまぶしかった
とぎれとぎれの思い出に
きみの泣き顔が重なる
それもいまはさりげない 
さよならが最後さ

とぎれとぎれの思い出に
きみの泣き顔が重なる
それもいまはさりげない 
さよならが最後さ
▲ページのトップへ戻る


エンドレス/安全地帯
1983年
作詞:松尾由紀夫 作曲:玉置浩二

Kiss to the leaf
透きとおる緑やさしく
きみの声が
聴こえるような気がする
遠い過去からつたわる息づかい
日ざしの森で ひとり

Kiss to the wind
It's soft affection
Like a feather
▲ページのトップへ戻る


オン・マイ・ウェイ
1983年
作詞:松尾由紀夫、清水宗己 作曲:玉置浩二

どこまでもつづく 白いフリーウェイ
空にとどく 彼方まで
見わたす Lonly driver
すれちがう刹那に 心でサインかわす
I'll be on my way
When the winding road
still seems miles and miles to go
It's so tough But I've got to keep on driving
I'll be on my way
俺は探すあざやかに胸うつひびき
風の行方はるかに I'll be on my way

どこへ行く 終わりのない俺の旅
一面の雲 地平に向かって翔ぶ
Blue and so white
すみわたるすがしさに おまえを思いかえす
I'll be on my way
When the winding road
Still seems miles and miles to go
It's so tough But I've got to keep on driving
I'll be on my way

When the winding road
Still seems miles and miles to go
It's so tough But I've got to keep on driving
I'll be on my way
▲ページのトップへ戻る


風/安全地帯
1984年
作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二

瞳に風が吹いて坂道を
ひとりで下りてみたい気がしてた
愛称(なまえ)で呼べそうな 
履き古した靴からは
忘れかけた詩が聞ける
ふりかえると何もない空なのに
僕だけがむずかしくて
もしもここで君に逢わないでいたなら
心まで渇いたろう

涙をあつめてきたハンカチに
迷路の地図ばかりを描いてきた
それぞれに過したわずかな物語には
なくせない場面もみてた
なにもかもがためいきをつく一瞬(とき)に
やさしさを逃がしている
あきらめれば泣かなくてすむだろうけど
微笑も消えるはず

遠くふたり みえないほどはなれて
あの夏に生まれてきた
君の髪が綺麗な秘密を教えて
しなやかなささやきで
瞳に風が吹いて そのときに
誰にもかなえられる夢がある
▲ページのトップへ戻る


悲しみにさよなら/安全地帯
1985年
作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二

泣かないでひとりで ほほえんでみつめて
あなたのそばにいるから
夢にまで涙があふれるくらい 恋はこわれやすくて
抱きしめる腕のつよさでさえなぜか
ゆれる心をとめられない
でも 泣かないでひとりで ほほえんでみつめて
あなたのそばにいるから

唇をかさねてたしかめるのに 夢の続き捜すの
うつむいてひとつの夜にいることも
きっとあなたは忘れている
もう 泣かないでひとりで ほゝえんでみつめて
あなたのそばにいるから
悲しみにさよなら ほほえんでさよなら
愛をふたりのために

泣かないでひとりで ほほえんでみつめて
あなたのそばにいるから
悲しみにさよなら ほほえんでさよなら
ひとりじゃないさ

泣かないでひとりで その胸にときめく
愛をかなえられたら
飾らないことばで なくせない心で
ひとつになれる

泣かないでひとりで ほほえんでみつめて
あなたのそばにいるから
悲しみにさよなら…
▲ページのトップへ戻る


Kissから/安全地帯
1984年
作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二

かっこいいね 唇
Kissからすぐ はじめたくなる
ベッドサイド あなたと
背中でする 死にそうな恋
砂時計の心を
もて遊ぼう あせらずに
愛のように 堕ちておいで
さりげなく みだらに
あなただけ Invitation
たまらないね ふたりは 今

きっといいよ あなたも
したことない 夜がみつかる
もっとこんな 吐息に
くすぐられて だめになれたら…
秘密という 響きに
瞳はもう きらめいて
夢のように 満ちておいで
誰も邪魔させない
ときめきに Invitation
みつめあえば 熱くて 今

愛のように 堕ちておいで
さりげなく みだらに
燃えるように 揺れておいで
迷いこんで いいから
あなただけ Invitation
たまらないね ふたりは 今

いつもこわしてきたね 心
何もこわいものなど ないよ
▲ページのトップへ戻る


恋の予感/安全地帯
1984年
作詞:井上陽水 作曲:玉置浩二

なぜ なぜあなたは きれいになりたいの?
その目を誰もが見つめてくれないの?
夜は気ままに あなたを踊らせるだけ
恋の予感が ただかけぬけるだけ

なぜ なぜ あなたは 「好きだ」といえないの?
届かぬ想いが 夜空にゆれたまま
風は気まぐれ あなたを惑わせるだけ
恋の予感が ただかけぬけるだけ

誰かを待っても どんなに待っても あなたは今夜も
星のあいだを さまよい流されるだけ
夢のつづきを またみせられるだけ

風は気まぐれ あなたを惑わせるだけ
恋の予感が ただかけぬけるだけ
▲ページのトップへ戻る


ダンサー/安全地帯
1984年
作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二

鏡は 答えない
わがままな あなたの翳りを
男の手をもて遊び 次から 次へと
裸足のままジルバ 凍てつくつまさき
微笑みかけすぐに 心かくして
たそがれてる あなたを
燃えるように 悲しませてあげたい

涙が にじんだら
あわてずに あなたを奪うよ
ゆらりゆられ ゆれる手に ゆだねて かさねて
夢みながらワルツ めまいを愛して
やさしすぎるそぶり みむきもしない
たそがれてる あなたを
燃えるように 悲しませてあげたい

ささやくよなタンゴ 瞳をそらして
ほんとは誰みてる 胸のうずきは
夢みながらワルツ めまいを愛して
やさしすぎるそぶり みむきもしない
たそがれてる あなたを
燃えるように 悲しませてあげたい
▲ページのトップへ戻る


つり下がったハート/安全地帯
1984年
作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二

あなたの瞳から おちてゆく
ロマンスという名の ときめきが
いつまでも 眠ろう whm…
そっと時間がうちよせてくる
ふたりよりそいあう影になる
あなたのためいき
つきさすように熱くて…

うるんだささやきに 目をとじて
かわいた出来事が 遠ざかる
いつまでも 眠ろう whm…
さむい誰かが追いかけてくる
忘れかけていた肩をつかむ
あなたのゆびさき
ささえられなくなりそう…

うまくかみきれない合言葉
青い時計の針 ゆがんでる
あなたにみつけた
まぶしさだけは消せない
▲ページのトップへ戻る


熱視線/安全地帯
1985年
作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二

これっきりだなんて決して言わせない
何をおびえ泣くの
じれったいほどの接吻した後は 涙なんか邪魔さ
ひきとめる指先 忘れられなくなる夜に 踊ろう……
抱きしめて 揺れる瞳に 熱い視線 つらぬいて

戻っては来ないそぶりで背をむける
乱れ髪もとかず
からっ風みたいに不意にからむから
嘘が下手な女(ひと)だ
すべてを失くしても 消えそうなひとときの夢に 踊ろう……
抱きしめて 揺れる瞳に 熱い視線 つらぬいて
いますぐに あなたのままで 燃える恋に身を投げて

すべてを失くしても あなたを愛していたいだけ 踊ろう……
抱きしめて 揺れる瞳に 熱い視線 つらぬいて
いますぐに あなたのままで 燃える恋に身を投げて
抱きしめて 揺れる瞳に 熱い視線 つらぬいて
いますぐに あなたのままで 燃える恋に身を投げて
▲ページのトップへ戻る


眠れない隣人/安全地帯
1984年
作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二

熱いダンスで ひどく破けた
赤いドレスが モダン
何かいいこと ひとつ教えて
ロにふくんだ媚薬 はやく
たぶん あなたは気まぐれ
たぶん 死ぬほどたそがれ
たぶん 心に飽きられ
Lonely Nights

甘いチークでかなり疲れた
うまいジョークが欲しい
誰もここへは こないはずだよ
時計じかけの夢を ごらん
たぷん ふたりは妖しい
たぶん みんなは悔しい
たぶん 素敵に悲しい
Lonely Nights

たぶん 予感にかこまれ
たぶん 淫らできらわれ
たぶん はずみでだまされ
Lonely Nights

たぶん 迂闊でたのしい
たぶん 不安がおかしい
たぶん 浮かれてさみしい
Lonely Nights
たぶん あなたは気まぐれ
たぶん 死ぬほどたそがれ
たぶん 心に飽きられ
Lonely Nights
▲ページのトップへ戻る


Happiness/安全地帯
1984年
作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二

ピアスが粋じゃない
東京湾(Tokio Bay)で泣くから ソーダの瞳(eye)
Tic Tac 聴いたかい 止まらないね
ジキルに戻れないハイド
でも 8分 あなたのその手で 誘惑されてみたい
そう 8分 死ぬほどスリルな ダンスをしよう
ほら Happiness Happiness じらしてじらされて
ほら Happiness Happiness あなたがほどけてく

シルクの胸元
こぼれそうな トパーズの汗に High
片手にあまらない 古いLa-dy
忘れたくなる Tonight
もう 8分 ハートを遅らせ あなたに追いつきたい
いま 8分 もてあましぎみに 気分がでない
ほら Happiness Happiness このままみないふり
ほら Happiness Happiness シュールに壊れたい

発奮 うつろな目で Baby
8分 恋がもてば Baby うまくいける
ほら Happiness Happiness じらしてじらされて
ほら Happiness Happiness あなたがほどけてく
ほら Happiness Happiness このままみないふり
ほら Happiness Happiness シュールに壊れたい

ふたりは粋じゃない
夢見てね 時間にクールな愛
Tic Tac 聴いてる みみもとで
ジキルが呼んでるハイド
▲ページのトップへ戻る


Big Joke/安全地帯
1983年
作詞:小椋佳、リンダ・ヘンリック 作曲:玉置浩二

クルシマギレニ キミハ ナゲタネ HUMOUR
コダマミタイニ ナゲカエサレタ RUMOUR
セッカク タマニ マジメニナレバ COMEDY
チョウシクルッテ サケンデミレバ TRAGEDY
ワカリカケソウデ ジンセイ
マバタキスルマニ シッペガエシ
LIFE WAS PLAYING JOKES ON ME

クチヅケノマエ ダキシメタアト HUMOUR
ソレガ スクイサ ホウッテオキナ RUMOUR
オモイチガイモ ナレッコニナル COMEDY
ツヨクナレタラ ナンテコトナイ TREGEDY
ワカリカケソウデ ジンセイ
マバタキスルマニ シッペガエシ
LIFE WAS PLAYING JOKES ONME

JOKES ヒニクナ JOKES ON ME
フリソソゲ キミトナラ ボクハ ヘイキサ
JOKES ON ME
JOKES ヒニクナ JOKES ON ME
トリカコメ フタリナラ ボクハ カンゲイ
JOKES ON ME

デキノワルサニ ニガムシツブス HUMOUR
タノシミナクテ ミンナトビツク RUMOUR
アキニデアッテ ハルニワカレル COMEDY
ワカレモデキズ ガマンガマンノ TRAGEDY
ワカリカケソウデ ジンセイ
マバタキスルマニ シッペガエシ
LIFE WAS PLAYING JOKES ON ME

JOKES ヒニクナ JOKES ON ME
フリソソゲ キミトナラ ボクハ ヘイキサ
JOKES ON ME
JOKES ヒニクナ JOKES ON ME
トリカコメ フタリナラ ボクハ カンゲイ
JOKES ON ME
▲ページのトップへ戻る


瞳を閉じて/安全地帯
1984年
作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二

抱きしめて 抱きしめて 瞳を閉じて
消えそうに 安らかな想い出に 風をみたい
やさしい声がきこえてる
本当は誰かが いつもそばにいた

抱きしめて 抱きしめて ひとりのままに
ふれあえば なくしてく ときめきのこたえがある
さみしいわけを教えてた
涙がかわいたあとを忘れない

抱きしめて 抱きしめて 瞳を閉じて
あなたの心をあたためていられたなら
▲ページのトップへ戻る


…ふたり…/安全地帯
1984年
作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二

それはありふれたことで
気がつくと君をみてた
欲しいと思わせるもの
捜すのがとてもうまい
真夏を駈ける靴や
北風と遊ぶゲーム
教えてくれた
何処へ行くのだろう
きらめきを追いかけながら
何もおそれない
あの胸にある 秘密がみたい

追いこしたつもりなのに
いつも負けた気がしてる
同じ道を歩いても
みるものがどこか違う
傷ついた涙よりも
他愛ない汗のために
時間をくれた
もしもふれたなら
おちそうな思いのままに
誰も連れないで
ただひとりきり 遠くにみえる

あの夢をみる 瞳がほしい
▲ページのトップへ戻る


ブルーに泣いてる/安全地帯
1984年
作詞:DOZIER NORMAN GARLAN 作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二

かわいた都会(まち)が
モノクロに硝子の夢をくだいてしまう
遠い記憶のやさしい想い
もう手のひらをこぼれ
ひとりきりで瞳をとじて
心のありかを捜すけど
迷いかけた溜息が
ブルーに泣いてる

ことばの向こうでちぐはぐに
誰かが罠をはりめぐらして
抱いているほど 抱かれてるようなら
なぜ振り切れもしない
ひとりきりで見てるのは
鏡の疲れた背中だけ
まぎれこんだ夜までが
ブルーに泣いてる

ひとりきりで行けるのに
心は誰かを待っている
ふりかえれば風さえも
ブルーに泣いてる
▲ページのトップへ戻る


マスカレード/安全地帯
1984年
作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二

綺麗に揺れるあなたの瞳
遠い夜をみつめてる
ことばは風に消されて
ためされてる唇 愛のふるえに
あなたは嘘つきな薔薇
いま心なくしたまま
枯れてしまいたいのなら
その胸をあずけて

さみしい肩をもてあまし
月灯りに罠をはる
こぼれた闇の素顔に
あなたさえが悲しく忘れられてる
めざめることのない夢
ただ甘く傷つくだけ
ふたりよりもいいものは
もう みつけられない

マスカレード ハーレスタ マスカレード
マスカレード ハーレスタ マスカレード

あなたは嘘つきな薔薇
身を守る棘ももたず
ためいきの理由をかくし
まだゆれ続くだろう
▲ページのトップへ戻る


真夏のマリア/安全地帯
1984年
作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二

輝くライムの海の底
コインを落として誰のもの
ならんだきわどいまなざしに
あなたは背中を灼かせてる
なんでもいい 不思議に
こわしてみる 気分さ

ピンクの爪先なやましく
はじけたリズムに誘いだす
だめでもいい 恋には
こわいくらい ひきずられる
マリア ほほえみが 胸をさすこともある
そっと投げられた イミテーションは
NO!!と言うのさ

愛した男の数だけは
泣きだす女があらわれる
あなたの噂を気にしたら
心がかわいてたまらない
やめてもいい ふたりは
こわがらずに 瞳をみるのさ
マリア さみしさに 救われることもある
きっと退屈は もっとみたままに
NO!!と言えるさ

マリア ほほえみが 胸をさすこともある
そっと投げられた イミテーションは
NO!!と言うのさ
▲ページのトップへ戻る


真夜中すぎの恋/安全地帯
1984年
作詞:井上陽水 作曲:玉置浩二

誘われて うなづくまでの間
そのあとで 星空の見えるベランダへ
銀のピアスならはずれてる
夜につれられてゆくなら今
踊りながら 涙なんか こなごなになれ
真夜中すぎの恋だから

サヨナラが 聞こえてきたら泣いてね
ため息は こわれた胸のささやき
どんなドレスでもかまわない
夜にはおられてゆくなら今
こわれながら 昨日よりも美しくなれ
真夜中すぎの恋だから
恋の罪も 恋の罠も 気づかないまま
真夜中すぎの恋だから

こわれながら 昨日よりも美しくなれ
真夜中すぎの恋だから
恋の罪も 恋の罠も 気づかないまま
真夜中すぎの恋だから
▲ページのトップへ戻る


La-La-La/安全地帯
1984年
作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二

夢を落とせば あなた わたしのもの
挨拶はモノクロームで
あなたの背中を誘う
扉をあけたまま 風の匂いをみて
愛しあえるのなら さみしいことはない

さむい夜には ふたり 胸をあわせ
ペディキュアの色決めるのは
おたがいの感じかたで
迷わずにいられる はげしさとやさしさ
無理をしないのなら 毎日はたやすい

雨が降る日は 何も おこさないで
謎めいたパントマイムに
あなたの憂鬱は消える
陽ざしに閉じこめた 果実の彩りで
愛しあえるのなら さみしいことはない
▲ページのトップへ戻る


ラスベガス・タイフーン/安全地帯
1983年
作詞:松尾由紀夫 作曲:玉置浩二

一夜にして築かれた街が 一夜で消える
一千一夜 刹那のミラージュ
悪い熱のように 夢をつむぐ 砂漠の商人
おいで あんたの望みがかなうから
おいで 夜は楽しむものだから
みすぼらしい快楽に 取引する生涯
ラスベガス タイフーン
それでも俺は 俺は砂漠より乾いてる

一夜にして築かれた街が 一夜で消える
一千一夜 刹那のミラージュ
悪い女のように 夢を喰う 砂漠の商人
おいで あたしのベッドはからだから
おいで 夜は逃げ去るものだから
ちっぽけな快楽に 使いきる生涯
ラスベガス タイフーン
それでも俺は 俺は砂漠より乾いてる

みすぼらしい快楽に 取引する生涯
ラスベガス タイフーン
それでも俺は
ちっぽけな快楽に 使いきる 生涯
ラスベガス タイフーン
それでも俺は 俺は砂漠より乾いてる
▲ページのトップへ戻る


Lazy Daisy/安全地帯
1984年
作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二

内緒なんだと ジンでことばをくちうつし
嫉妬するよ 誰もがダイヤの肌に
きわどい味がすき 折れそうにステキなあなた
Lazy Daisy なにもかも 妙に 変に美しい
夏のせいにできる恋 抱きしめたい Lady

タップダンスは噂 ふりきるおまじない
ちょっと見なら かよわいビーズの瞳
傷つくより はでにとりみだすくらいなあなた
Lazy Daisy 気づかずに Merry-Go-Round この胸は
陽気そうに ロマンスをはみだしてる Lady

Lazy Daisy みつめたい いけないわるだくみ
胸の隅に ひそやかにあふれてるよ Lady
▲ページのトップへ戻る


Yのテンション/安全地帯
1984年
作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二

いいかけ すぐやめたやさしいことば
氷をかむように そのうちに溶けてしまう
愛してると いいわけもこなごなだよ
握りかえさない手には あなたがいないから
No……信じるほどに縛れはしない
あなたの瞳は No No No 冷たい

逢えばためいきに きりがないのに
決めたはずもなく 問いかけはしないままに
ふたりきりはさむいだけ どうしてなの
ふれあう唇にさえ 硝子の音がする
No……抱きしめながら何もみえない
からだまでが No No No 冷たい

冬 枯れてるまちかどに出てゆくとき
扉の向こうでいつか 想い出なくしても
No……信じるほどに縛れはしない
あなたの瞳は No No No かなしい
▲ページのトップへ戻る


ワインレッドの心/安全地帯
1983年
作詞:井上陽水 作曲:玉置浩二

もっと勝手に恋したり
もっと Kiss を楽しんだり
忘れそうな想い出を そっと抱いているより
忘れてしまえば
今以上 それ以上 愛されるのに
あなたはその透き通った瞳のままで
あの消えそうに 燃えそうなワインレッドの
心を持つあなたの願いが かなうのに

もっと何度も抱き合ったり
ずーっと今夜をゆれ合ったり
哀しそうな言葉に 酔って泣いているより
ワインをあけたら
今以上 それ以上 愛されるのに
あなたはただ恥らうよりてだてがなくて
あの消えそうに 燃えそうなワインレッドの
心をまだもてあましているのさ この夜も

今以上 それ以上 愛されるまで
あなたのその透き通った瞳の中に
あの消えそうに 燃えそうなワインレッドの
心を写しだしてみせてよ ゆれながら
▲ページのトップへ戻る



タグ:安全地帯
posted by takimari at 10:32 | Comment(0) | 歌詞 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。