2006年03月02日

みんなのうた・童謡・唱歌:も

歌詞をお探しの方、→→「おかあさんといっしょ」にあるかもしれません。

もうもう牛さん もえあがれ雪たち モーターボート 木馬のゆめ モッキンバードヒル もみじ〜赤い赤い 紅葉(もみじ)〜秋の夕日に もみの木 桃太郎〜桃から生まれた 桃太郎〜ももたろうさん もりのきりかぶ 森の熊さん  森の小人 森のよあけ  もんしろ蝶々のゆうびんやさん

 お役に立ちましたら、クリックをお願いします

モーターボート
作詞:きた・ひろし 作曲:服部公一

モーターボートは すてきです
パッパッパッと しぶきをあげて
山のみずうみ ひとまわり

モーターボートは 早いです
スッスッスッと カーブをきって
ひこうきみたいに はしります

モーターボートは きれいです
ピカピカピカと 赤 白 黄色
ぼくのおもちゃと おんなじさ
▲ページのトップへ戻る

もえあがれ雪たち
作詞:阪田寛夫 作曲:宇野誠一郎

もえあがれ雪たち
ぼくらの街に降る
煤(すす)によごれた雪たち
まっさらの太陽が
きみたちの結晶を
ガラスより鋭く
つらぬいてさす時
もえあがれ雪たち
青い炎の色に

思い出せ雪たち
きみらのふるさとを
綿くずみたいな雪たち
南極のクレパスの
きみたちの結晶に
狂わしくブリザード
吹きあれた あの日を
思い出せ雪たち
青い炎の色を

もえあがれ雪たち
ぼくらの屋根に降る
箱庭みたいな雪たち
北の空 重い雲
きみたちの結晶が
おしげなく地のはてに
降りそそぐ今こそ
もえあがれ雪たち
青い炎の色に
▲ページのトップへ戻る

紅葉〜尋常小学唱歌
作詞:野辰之(PD) 作曲:岡野貞一(PD)

秋の夕日に 照る山紅葉
濃いも薄いも 数ある中に
松をいろどる 楓や蔦は
山のふもとの 裾模様

谷の流れに 散り浮く紅葉
波にゆられて 離れて寄って
赤や黄色の 色さまざまに
水の上にも 織る錦
▲ページのトップへ戻る

 もみの木 〜TANNENBAUM DER 
訳詞:並木祐一 作詞作曲:(PD)

もみの木 もみの木 生いや 茂れる
もみの木 もみの木 生いや茂れる
木かげを さまよい かたりし 思い出
もみの木 もみの木 いまなお こいし

おとめよ おとめよ なれは いずこに
おとめよ おとめよ なれは いずこに
木かげを さまよい ちかいし 幸の日
おとめよ おとめよ いずこに ゆきし
▲ページのトップへ戻る

もみじ
作詞:日本教育音楽協会 作曲:日本教育音楽協会(PD)

あかい あかい もみじのは
もみじの はっぱは きれいだな
ぱっと ひろげた あかちゃんの
おててのようで かわいいな
▲ページのトップへ戻る

桃太郎
作詞:田辺友三郎(PD) 作曲:納所弁次郎(PD)

桃から生まれた ももたろう
気はやさしくて 力もち
鬼が島をば 討たんとて
いさんで家を 出かけたり

日本一の きびだんご
なさけにつきくる 犬とさる
きじがもろうて おともする
いそげものども おくるなよ

はげしいいくさに 大勝利
鬼が島をば せめふせて
とった宝は 何々ぞ
金 銀 さんご あやにしき

車につんだ 宝もの
犬が引き出す えんやらや
さるがあとおす えんやらや
きじがつなひく えんやらや
▲ページのトップへ戻る

桃太郎 〜尋常小学唱歌
作詞:(PD) 作曲:岡野貞一(PD)

桃太郎さん 桃太郎さん
おこしにつけた きびだんご
ひとつわたしに くださいな

あげましょう あげましょう
これから鬼の せいばつに
ついて行くなら あげましょう

行きましょう 行きましょう
あなたについて どこまでも
けらいになって 行きましょう

そりゃすすめ そりゃすすめ
いちどにせめて せめやぶり
つぶしてしまえ 鬼がしま

おもしろい おもしろい
のこらず鬼を せめふせて
ぶんどりものを えんやらや

ばんばんざい ばんばんざい
おともの犬や さるきじは
いさんでくるまを えんやらや
▲ページのトップへ戻る

森の熊さん 〜アメリカ民謡
訳詞:馬場祥弘 編曲:玉木宏樹

あるひ もりのなか くまさんに であった
はなさく もりのみち くまさんに であった

くまさんの いうことにゃ おじょうさん おにげなさい
スタコラ サッサッサのさ スタコラ サッサッサのさ

ところが くまさんが あとから ついてくる
トコトコ トッコトッコト トコトコ トッコトッコト

おじょうさん おまちなさい ちょっと おとしもの
しろい かいがらの ちいさな イヤリング

あら くまさん ありがとう おれいに うたいましょう
ラララララ ラララ ラララララ ラララ
▲ページのトップへ戻る

森の小人
作詞:山川清、玉木登美夫 作曲:山本雅之

森の木陰で ドンジャラホイ
シャンシャン手拍子足拍子
太鼓たたいて笛ふいて
今夜はお祭り夢の国
小人さんがそろってにぎやかに
ア ホイホイヨ ドンジャラホイ

おつむふりふり ドンジャラホイ
かわいいお手手で 踊り出す
三角帽子に 赤い靴
お月さん にこにこ森の中
小人さんがそろっておもしろく
ア ホイホイヨ ドンジャラホイ

お手々つないで ドンジャラホイ
ピョンピョン はねはね輪になって
森の広場を 廻わります
今夜は明るい月の夜
小人さんがそろって元気よく
ア ホイホイヨ ドンジャラホイ

みんな楽しく ドンジャラホイ
チョンチョン お手手を打ち合って
夢のお国の森の中
そろいのお服で 踊ります
小人さんがそろって楽しそに
ア ホイホイヨ ドンジャラホイ
▲ページのトップへ戻る

森のよあけ
作詞:与田準一 作曲:中田喜直

くるみの おとで よがあけます
もりの なかの りすの おうち
ぽりん ぽりん かりん かりん
ぽりん ぽりん かりん

おほしさま だれが けすのでしょう
りすは くるみで あさの ごはん
ぽりん ぽりん かりん かりん
ぽりん ぽりん かりん
▲ページのトップへ戻る

もんしろ蝶々のゆうびんやさん
作詞:サトウハチロー 作曲:中田喜直

もんしろ蝶々の ゆうびんやさん
朝から配達 朝から配達
あねもね横町十番地
角から二軒目 ハイ ゆうびん

もんしろ蝶々の ゆうびんやさん
せっせと配達 せっせと配達
ひなげし通りの六番地
まっかな看板 ハイ ゆうびん

もんしろ蝶々のゆうびんやさん
あちこち配達 あちこち配達
「チュウリップ奥さん ハンコです」
うれしい書留 ハイ ゆうびん
▲ページのトップへ戻る

もりのきりかぶ
作詞:高木あきこ 作曲:黒澤吉徳

もりのきりかぶ こぐまがすわる
すてきなうずまき なでたよ 
ちょんちょんちょん

もりのきりかぶ こりすがのぼる
おいしいどんぐり たべたべ
るんるんるん

もりのきりかぶ うさぎがとんだ
いそぎのおつかい げんきに
ぴょんぴょんぴょん
▲ページのトップへ戻る

もうもう牛さん
作詞:吉岡治 作曲:越部信義

もうもう うしさん もうもうもう
こうしをよんでる もうもうもう
おへんじするのも もうもうもう

もうもう うしさん もうもうもう
あまえんぼこうしは もうもうもう
おっぱい ほしいよ もうもうもう

もうもう うしさん もうもうもう
おひるねしましょう もうもうもう
ねごとも やっぱり もうもうもう
▲ページのトップへ戻る

木馬のゆめ
作詞:井出隆夫 、作曲:井達雄

みんなかえった ゆうえんち
ふるい木馬が まわりだす
ヘイをぴょこんと とびこえて
ひろい野原へ いきたいな

アンドゥートロア アンドゥートロア ラララララ
アンドゥートロア アンドゥートロア ララララ
アンドゥートロア アンドゥートロア ラララララ
だれもしらない おはなし※

ひとりぼっちで まわってる
ふるい木馬は さみしいの
むかしせなかに のった子も
今は木馬を わすれてる
(※繰り返し)

町がしずかに ねむるころ
ふるい木馬も ゆめをみた
いつかほんとの 馬になり
ひろい野原を はしってた
(※繰り返し)
▲ページのトップへ戻る

モッキンバードヒル(Mockin Bird Hill)
訳詞:山元清多

古ぼけたカバン ひとつで
町から町を 歩くよ
ポケットも はらも からっぽ
でも夢だきゃ たっぷり もってるぜ
★トゥララ ラ
 トウィットルディ ディ ディ
 と こころに
 いつも聞こえる あのしらべよ
 トゥララ ラ
 トウィットルディ ディ ディ
 忘れない ふるさとの丘よ
 モッキン バード ヒル

おんぼろ靴脱いで つめたい
安宿のベッドに もぐれば
夜汽車の汽笛が 遠くで
あしたは この町とも おさらばさ
★繰り返し

どこやらの町で とし老い
くれゆく空を 見るだろう
あふれくる涙 こらえて
目をとじて おもうのさ
はるかに――
★繰り返し
▲ページのトップへ戻る

posted by takimari at 11:20 | Comment(0) | みんなのうた・童謡・唱歌 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]