2006年03月02日

みんなのうた・童謡・唱歌:て

歌詞をお探しの方、→→「おかあさんといっしょ」にあるかもしれません。

テキパキパキッこ できるかな テーマ デッカイトットマーチ 手と手であいさつ 手のひらを太陽に てばたしんごう てぶくろ 手まり唄 てるてる坊主 手をあらううた 手をたたきましょう 天使の羽のマーチ 天使のパンツ 電車 電車ごっこ 展覧会で逢った女の子

 お役に立ちましたら、クリックをお願いします

テキパキパキッこ
作詞:おうち・やすゆき 作曲:湯山昭

テキパキ パキッとした
こどもが きたよ
テキパキ ポキッとした         
あるきかただよ

テキパキ パキッこ
テキパキ ポキッこ
ママの だいすきな
テキパキ パキッこ

――おそうじ おそうじ
テキパキ パキッ
――おつかい おつかい
テキパキ パキッ
――べんきょう べんきょう
テキパキ パキッ
――なんでも かんでも
テキパキ パキッ

テキパキ パキッとした
こどもが きたよ
テキパキ ポキッとした
あるきかただよ

テキパキ パキッこ
テキパキ ポキッこ
ママの だいすきな
テキパキ パキッこ
テキパキ ポキンて
おれちまえ !
▲ページのトップへ戻る

手のひらを太陽に
作詞:やなせ・たかし 作曲:いずみたく

ぼくらは みんな生きている
生きているから歌うんだ
ぼくらは みんな生きている
生きているから悲しいんだ
手のひらを太陽に すかしてみれば
まっかに流れる ぼくの血しお
みみずだって おけらだって
あめんぼだって
みんなみんな 生きているんだ
ともだちなんだ

ぼくらは みんな生きている
生きているから笑うんだ
ぼくらは みんな生きている
生きているから嬉しいんだ
手のひらを太陽に すかしてみれば
まっかに流れる ぼくの血しお
とんぼだって かえるだって
みつばちだって
みんなみんな 生きているんだ
ともだちなんだ
▲ページのトップへ戻る

手まり唄
作詞:武内俊子(PD) 作曲:松島つね

てん てん てん 天神様のお祭で
てん てん 手まりを 買いました
てん てん 手まりは どこでつく
梅のお花の 下でつく 下でつく

てん てん てん 天神様の石だんは
だん だん 数えて いくつある
だん だん 数えて 二十だん
段の数ほど つきましょう つきましょう
▲ページのトップへ戻る

てぶくろ
作詞:野田しげみ 作曲:宇賀神光利

赤い毛糸で かあさまが
あんだの ぽかぽか うれしいの
てんてん てぶくろ いいのでしょ

もみじみたいで きれいでしょ
とうさま ねえさま そういうの
てんてん てぶくろ にあうでしょ

おいたしないで よいおてて
だいじに はめるの だいすきな
てんてん てぶくろ すてきでしょ
▲ページのトップへ戻る

てるてる坊主
作詞:浅原鏡村 作曲:中山晋平(PD)

てるてる坊主 てる坊主
あした天気に しておくれ
いつかの夢の 空のよに
晴れたら 金の鈴あげよ

てるてる坊主 てる坊主
あした天気に しておくれ
私の願いを 聞いたなら
あまいお酒を たんと飲ましょ

てるてる坊主 てる坊主
あした天気に しておくれ
それでも雲って 泣いてたら
そなたの首を チョンと切るぞ
▲ページのトップへ戻る

手をたたきましょう
訳詞:小林純一 編曲:中田喜直 作詞作曲:(PD)

手を叩きましょう
タンタンタン タンタンタン
足ぶみしましょう
タンタンタンタン タンタンタン
わらいましょう アッハッハ
わらいましょう アッハッハ
アッハッハ アッハッハ
ああおもしろい

手を叩きましょう
タンタンタン タンタンタン
足ぶみしましょう
タンタンタンタン タンタンタン
おこりましょう ウンウンウン
おこりましょう ウンウンウン
ウンウンウン ウンウンウン
ああおもしろい

手を叩きましょう
タンタンタン タンタンタン
足ぶみしましょう
タンタンタンタン タンタンタン
泣きましょう エンエンエン
泣きましょう エンエンエン
エンエンエン エンエンエン
ああおもしろい
▲ページのトップへ戻る

電車〜唱歌
作詞:葛原しげる 作曲:小松耕輔

ちんちん電車がうごきます   
ごうごう まちのまんなかを
はしっていきます ちんごうごう 
ごじゅんにおつめを ねがいます
電車がはしる ちんごうごう

みなさん電車が まがります   
まがりますから ごようじん
ころばぬように つりかわが   
あかないように ねがいます
電車がはしる ちんごうごう
▲ページのトップへ戻る

電車ごっこ
作詞:井上赳 作曲:信時潔

運転手は君だ 車掌は僕だ
あとの四人が 電車のお客
お乗りはお早く 動きます
チンチン

運転手は上手 電車は早い
つぎは上野の 公園前だ
お降りはお早く 動きます
チンチン
▲ページのトップへ戻る

手と手であいさつ
作詞:こやま峰子 作曲:加賀清孝

おはよう あくしゅ てと てで あいさつ
わくわく あくしゅ なかよし あくしゅ
▲ページのトップへ戻る

手をあらううた
作詞:筒井敬介 作曲:湯浅譲二

もしもし だれかさん わすれんぼさん
そうそう お手手を あらいましょう
おみずを たっぷり チャプリンコン
ひとさしゆびさん おふろです
さあさあ だれかさん お手手をあらいましょう

もしもし だれかさん わすれんぼさん
そうそう お手手を あらいましょう
せっけん たっぷり つるりんこん
おやゆびさんも おふろです
さあさあ だれかさん お手手をあらいましょう
▲ページのトップへ戻る

できるかな テーマ
作詞:山元護久  作曲:岩代浩一

できるかな できるかな
ハテハテ・フム――
できるかな できるかな
サテサテ・フム――
ダバダバダバ……………
できるかな ホ――
ダバダバダバダバ………
できるかな ホー
できるかな できるかな
ハテ・ハテ・フム
できるかな できるかな
サテサテ・ホホ――
▲ページのトップへ戻る

展覧会で逢った女の子 / 新井満
作詞:新井満 作曲:大野雄二

雨……
月曜日の昼さがり
シャガールの展覧会へ行きました
黄色いリボンの女の子
"青いサーカス"の絵の前で
どうしてあんなに泣いていたの…?
僕もかなしくなっちゃった
展覧会で逢った 黄色いリボンの女の子

くもり……
木曜日の昼さがり
ピカソの展覧会へ行きました
青いベレーの女の子
"座る女"の絵の前で
どうしてあんなにおこっていたの…?
僕も腹がたっちゃった
展覧会で逢った 青いベレーの女の子

青空……
日曜日の昼さがり
ルノワールの展覧会へ行きました
赤いブーツの女の子
"イレーヌ・カーン"の絵の前で
どうしてあんなに笑っていたの…?
僕もおかしくなっちゃった
展覧会で逢った 赤いブーツの女の子
▲ページのトップへ戻る

デッカイトットマーチ / デューク・エイセス
作詞:中林淳真 作曲:中林淳真

デッカイトット デッカイトット
デカイ魚を釣るからにゃ
ヤァー アー アー アー ヤハ!
ウオッ ウオッ ウワオ!
釣竿 道糸 ハリ ハリス
玉あみ 餌箱 ビク ベントー

デッカイトット デッカイトット
デカイ魚が呼んでいる
イルー ルー ルー ルー ヤハ!
ウオッ ウオッ ウワオ!
山ほど背負った大荷物
釣場に着いたら忘れもの

デッカイトット デッカイトット
デカイ魚に泡喰って
テェー エー エー エー ヤハ!
ウオッ ウオッ ウワオ!
力いっぱい引いたれば
プッツリ切れたはうらめしい

デッカイトット デッカイトット
デカイ魚が釣れたけど
ウァー アー アー アー ヤハ!
ウオッ ウオッ ウワオ!
あいつはこんなにデカイので
ボートが沈んで逃げられた

デッカイトット デッカイトット
デカイ魚が釣れちゃった
イョー オー オー オー ヤハ!
ウオッ ウオッ ウワオ!
こいつはすごいや動かない
どうやら地球の主らしい

デッカイトット デッカイトット
デカイ魚が入れ喰いだ
タァー アー アー アー ヤハ!
ウオッ ウオッ ウワオ!
グングンゴンゴンドンガバチョ
とうとうやったぞ大漁だ
▲ページのトップへ戻る

てばたしんごう
作詞:阪田寛夫 、作曲:越部信義

てばたしんごう はじめます 
てばた ぱたぱた ハのじをかくよ
ハハハ ハハハ と わらっちゃう
おしまい

てばたしんごう つづけます
てばた ぱたぱた イのじをかくよ
イイイ イーーイ てんきだね
おしまい

てばたしんごう わかったかい
てばた ぱたぱた へんじをしよう
ハイハイハイ ハイハイハーイ
わかったよ おしまい
▲ページのトップへ戻る

天使の羽のマーチ
作詞:向井一 補詞:山川啓介 、作曲:松尾善雄・若松正司

わんぱく 0点 立たされ坊主でも
さかだち かけっこ だれにも負けない子
君にはあるのさ 天使の羽がホラ
ひろげて飛ぼうよ あしたを見にゆこう
さあごらん あれが未来の町さ
君たちが つくる夢の町さ
ひとが忘れてた のびやかな生き方が
あふれてる どの窓にも

木のぼり とび箱 できない男の子
あやとり お手玉 忘れた女の子
君にもあるのさ 天使の羽がホラ
みんなで飛ぼうよ 地球を見下ろそう
さあごらん あれがぼくたちの星
君たちが あすは回す星さ
ひとのやさしさが いのちのあたたかさが
あしたこそ きらめくだろう
▲ページのトップへ戻る

天使のパンツ/むとうかんぺい・りつこ
作詞:やなせたかし 作曲:天井正

※パン チュチュラ チュチュラ
 パン チュチュラ チュチュラ
 パン チュチュラ チュチュラ
 チュッ チュラ ラ

せんたく日和に うかされて
天使がパンツの おせんたく
やっとおわって いい気持
パンツを干して 昼寝した
※繰り返し

そこへそよ風 吹いて来て
天使のパンツは とばされた
白い花びら 散るように
天使のパンツ 落ちていく
※繰り返し

天使のパンツは どうなった
いちどはクジラに 呑まれたが
いまでは南の その海で
人魚がパンツを はいている
※繰り返し
▲ページのトップへ戻る

posted by takimari at 14:30 | Comment(1) | みんなのうた・童謡・唱歌 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天使の羽のマーチは、29歳の兄弟と自分が生まれた時の再放送曲です。
天使のパンツの映像では、天使の周りに星が24個ありました。
Posted by 生後313ヶ月 at 2014年06月30日 03:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]