2006年03月02日

みんなのうた・童謡・唱歌:せ

歌詞をお探しの方、→→「おかあさんといっしょ」にあるかもしれません。

背くらべ せいたかのっぽのけやき せっけんさん せっせっせ せみのうた 船頭さん せんせいとお友だち せんたくもの

 お役に立ちましたら、クリックをお願いします

背くらべ
作詞:海野厚(PD) 作曲:中山晋平(PD)

柱のきずは おととしの
五月五日の 背くらべ
ちまき喰べ喰べ 兄さんが
はかってくれた 背のたけ
昨日くらべりゃ 何のこと
やっと羽織の ひものたけ

柱にもたれりゃ すぐ見える
遠いお山も 背くらべ
雲の上まで 顔出して
てんでに 背のびしていても
雲の帽子を ぬいでさえ
一はやっぱり 富士の山
▲ページのトップへ戻る

せみのうた
作詞:さとう・よしみ 作曲:中田喜直

せみ せみ
せみ せみ せみん みーん
どこにいるのか せみ
なかなか いないよ せみ
なかなか とれない せみ
せみ せみ せみ
せみ せみ せみん みーん

せみ せみ
せみ せみ せみん みーん
どこでなくのか せみ
なくから すきだよ せみ
なくから みつかる せみ
せみ せみ せみ
せみ せみ せみん みーん
▲ページのトップへ戻る

船頭さん
作詞:武内俊子(PD) 作曲:河村光陽(PD)

村の渡しの 船頭さんは
今年六十の お爺さん
年はとっても お船をこぐ時は
元気いっぱい櫓がしなる
ソレ ギッチラギッチラ ギッチラコ

雨の降る日も 岸から岸へ
ぬれて船こぐ お爺さん
今朝もかわいい仔馬を二匹
向う牧場へ 乗せてった
ソレ ギッチラギッチラ ギッチラコ

川はきらきら さざなみ小波
渡す にこにこお爺さん
みんなにこにこ ゆれゆれ渡る
どうも御苦労さんと いって渡る
ソレ ギッチラギッチラ ギッチラコ
▲ページのトップへ戻る

せんせいとお友だち
作詞:吉岡治 作曲:越部信義

せんせいと おともだち
せんせいと おともだち
あくしゅをしよう ギュ ギュ ギュ

せんせいと おともだち
せんせいと おともだち
あいさつしよう おはよう

せんせいと おともだち
せんせいと おともだち
にらめっこしよう メッ メッ メッ
▲ページのトップへ戻る

せっけんさん
作詞:まど・みちお、作曲:富永三郎

せっけんさんは いいにおい
おかしのにおい おはなのにおい
かあさんの かあさんのにおい

せっけんさんは かあさんよ
ぶくぶくあぶく かわいいあぶく
あぶくの あぶくのかあさん
▲ページのトップへ戻る

せっせっせ
作詞:阪田寛夫 、作曲:大中恩

せっせっせの せっせっせ

こねこ ひるねすりゃ
いたちがわらう トントン

いたち わらえば 
めんどりにらむ トントン

めんどり にらめば
ねずみがにげる トントン

ねずみ にげれば
こねこがひるね トントン

せっせっせの おしまい
▲ページのトップへ戻る

せいたかのっぽのけやき
作詞:富田栄子 、作曲:中田喜直

せいたかのっぽのけやき
ひぐれになると
やさしい声でよんでます
さんりんしゃのわすれもの
朝からずっとあずかっています

せいたかのっぽのけやき
ひぐれになると
こもり歌をうたいます
むずかっていた赤ちゃん鳥が
いまやっとおねんねしました

せいたかのっぽのけやき
よふけになると
たったままでねむります
ねんねのくろいぼうしをかぶり
ではおやすみなさいまたあした
▲ページのトップへ戻る

せんたくもの
作詞:吉村友江 、作曲:吉村友江

ママとせんたくものを庭にほしたよ
ほしざお いっぱい 風に吹かれて

ぼくのズボン 赤ちゃんのおむつ
パタパタなってる
パパのパジャマ ママのエプロン
なかよくひらひら※
お正月にパパとあげた
たこのようだね ママ

ママとせんたくものを庭にほしたよ
近所で一番 たくさんあるんだ
(※繰り返し)
一年じゅう泳いでる
こいのぼりだね ママ
▲ページのトップへ戻る

posted by takimari at 15:21 | Comment(0) | みんなのうた・童謡・唱歌 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]