2006年03月02日

みんなのうた・童謡・唱歌:う

歌詞をお探しの方、→→「おかあさんといっしょ」にあるかもしれません。

We wish you a merry Christmas うぐいす  鶯の夢 うさぎ 兎さんが来てね 兎と亀 うさぎのおばあさん 兎のダンス〜歌あり うさぎのでんぽう ウサギの耳 牛若丸 歌いながら  うたう足の歌 歌えあしたに向つて うたえてのひら うたえバンバン  うたがいっぱい  歌のけいこ 歌の町 歌よひびけ  うちのかぞく うちのギター 宇宙船ペペペペランと弱虫ロン ウパウパリズムはおまじない うまさん うまっこどさんこ 馬のシッポぶたのシッポ  〜松原遠く  〜うみはひろいな うみでおめでとう 海へ行ったら 海ほおずきの歌 うめぼしのうた 浦島太郎 うれしいひなまつり うんとこしょすたこらさ ウンパッパ

お役に立ちましたら、クリックをお願いします

うぐいす
作詞:林柳波 作曲:井上武士

梅のこえだで うぐいすは
春が来たよと うたいます
ホウホウ ホケキョ
ホウ ホケキョ

雪の小山を きのうでて
さとへ来たよと うたいます
ホウホウ ホケキョ
ホウ ホケキョ
▲ページのトップへ戻る

鶯の夢
作詞:野口雨情(PD) 作曲:中山晋平(PD)

うめの小枝で
うめの小枝で うぐいすは
雪の降る夜の 夢を見た
野にも山にも 雪ばかり
さら さらと 雪ばかり

雪の降る夜に
雪の降る夜に うぐいすは
うめの花咲く 夢を見た
野にも山にも うめばかり
ちら ちらと うめばかり
▲ページのトップへ戻る

うさぎ
作詞作曲:不詳(PD)

うさぎ うさぎ なに見て はねる
十五夜 お月さま 見て はねる
▲ページのトップへ戻る

兎さんが来てね
作詞:まど・みちお 作曲:冨田勲

うさぎさんが きてね
おなまえつけてと いいました
ピョンタちゃんとつけたら
ピョンとはねて
うふんとわらって いきました

すずめさんが きてね
おなまえつけてと いいました
チュンちゃんとつけたら
チュンとないて
うふんとわらって いきました
▲ページのトップへ戻る

うさぎのでんぽう
作詞:北原白秋(PD) 作曲:佐々木すぐる(専属)

エッサッサ エッサッサ
ぴょんぴょこうさぎが
エッサッサ 郵便配達
エッサッサ とうきび畑を
エッサッサ ひまわりがきねを
エッサッサ 両手を振り振り
エッサッサ わき目もふらずに
エッサッサ 電報電報
エッサッサ
▲ページのトップへ戻る

兎と亀
作詞:石原和三郎(PD) 作曲:納所弁次郎(PD)

もしもし亀よ 亀さんよ
世界のうちで お前ほど
歩みののろい ものはない
どうしてそんなに のろいのか

なんとおっしゃる 兎さん
そんならお前と かけくらべ
むこうの小山の 麓まで
どおちらが先に かけつくか

どんなに亀が いそいでも
どうせ晩まで かかるだろ
ここらでちょっと ひとねむり
ぐうぐうぐうぐう ぐうぐうぐうぐう

これは寝すぎた しくじった
ぴょんぴょんぴょんぴょん
ぴょんぴょんぴょん
あんまり遅い 兎さん
さっきの自慢は どうしたの
▲ページのトップへ戻る

牛若丸〜尋常小学唱歌
作詞:不詳(PD) 作曲:不詳(PD)

京の五条の橋の上
大のおとこの弁慶は
長い薙刀ふりあげて
牛若めがけて切りかかる

牛若丸は飛び退いて
持った扇を投げつけて
来い来い来いと欄干の
上へあがって手を叩く

前やうしろや右左
ここと思えば またあちら
燕のような早業に
鬼の弁慶あやまった
▲ページのトップへ戻る

うたう足の歌
作詞:近江靖子 作曲:寺島尚彦

まるい地球の上に 季節はめぐり
新しい土のにおいがすると ぼくらの足は
ひとりでに 歩いて走ってうたっちゃう
いろんな足が世界中 歌を歌って 歩いてく

あわてんぼうの足は セカセカ セカセカセカ
おこりんぼうの足は プンプン プンプンプン
泣き虫の足は メソメソメソ
おしゃべりの足は ペチャペチャペチャ
セカセカ プンプン メソメソ ペチャペチャ
おっちょこちょいは チョコチョコチョ
うたう足の歌 うたう足の歌

まわる地球の上に そよ風吹いて
新しい草のにおいがすると ぼくらの足は
まっすぐに 野原に向かって 走ってく
いろんな足が世界中 歌をうたって 歩いてく

あわてんぼうの足は セカセカ セカセカセカ
おこりんぼうの足は プンプン プンプンプン
泣き虫の足は メソメソメソ
おしゃべりの足は ペチャペチャペチャ
セカセカ プンプン メソメソ ペチャペチャ
おっちょこちょいは チョコチョコチョ
うたう足の歌 うたう足の歌
▲ページのトップへ戻る

歌のけいこ
作詞:水野葉舟(PD) 作曲:アメリカ民謡(PD)

うたのけいこ ドレミファソラシド
声はりあげて ドレミファソラシド
かわいい声で お口をあけて
ドシラソファミレド
▲ページのトップへ戻る

歌の町
作詞:勝 承夫 作曲:小村三千三(専属)

よい子が住んでる よい町は
楽しい 楽しい 歌の町
花屋は チョキチョキ チョッキンナ
かじ屋は カチカチ カッチンナ

よい子が集まる よいところ
楽しい 楽しい 歌の町
雀はチュンチュン チュンチュクチュン
ひ鯉は パクパク パックリコ

よい子が元気に あそんでる
楽しい 楽しい 歌の町
荷馬車は カタカタ カッタリコ
自転車 チリリン チリリンリン

よい子のおうちが ならんでる
楽しい 楽しい 歌の町
電気は ピカピカ ピッカリコ
時計は チクタク ポンポンポン
▲ページのトップへ戻る

うたえバンバン
作詞:阪田寛夫 作曲:山本直純

口を大きくあけまして
うたってごらんアイアイアイ
その歌グングン広がって
だれかの心とこんにちは
あああ いいな 歌声は アイアイアイ
世界いっぱい いっぱい いっぱい
ララ ひびきあう
歌うたえ 歌うたえ
うたえバンバンバンバンバン
歌うたえ 歌うたえ
うたえバンバンバンバンバン

カッカカッカプンプンするかわり
うたってごらんアイアイアイ
ちょっぴりおなかもへるけれど
心がドカンとひらきます
あああ いいな 青い空 アイアイアイ
新しい日が今 ララ やって来る
歌うたえ 歌うたえ
うたえバンバンバンバンバン
歌うたえ 歌うたえ
うたえバンバンバンバンバン

胸をグンとはりまして
うたってごらんアイアイアイ
いつでもどこでもどなたでも
心がホカホカあったまる
あああ いいな 歌声は アイアイアイ
宇宙いっぱいいっぱいいっぱい
ララ ひびきあう
歌うたえ 歌うたえ
うたえバンバンバンバンバン
歌うたえ 歌うたえ
うたえバンバンバンバンバン

うたえバンバンバンバンバンバ
オレ!
▲ページのトップへ戻る

歌よひびけ
作詞:岩沢千早 作曲:黒澤吉徳

うでをふれば からだじゅうが わくわくと
みんなのうたが はしりだす どこまでも
さかみちをこえて ラララ
のはらをぬけて ラララ
かぜにのるよ はるかに
うたよ ひびけ
あおぞらのかなたまで

うたをきけば ひとりでに どきどきと
みんなのゆめが かけのぼる そらまでも
しろいくもこえて ラララ
うちゅうをめざし ラララ
ほしをよぶよ はるかに
ゆめよ とどけ
かぎりなく どこまでも
▲ページのトップへ戻る

歌えあしたに向って
作詞:石井亨 作曲:石井亨

きらきら ひかれ そら
きらきら ひかれ うみ
きぼうのきせつ かぜも かがやけ
かなしみは あせで ながせ
よろこびは たいようで もやせ
ぼくら わかもの みんな なかまさ
あるこうよ きみも くちぶえを ふいて
あしたをめざし
すすめ すすめ (すすめ)

きらきら ひかれ そら
きらきら ひかれ うみ
きぼうのきせつ かぜも かがやけ
なみだでノート ぬらすより
そらに ゆめという じをかこう
ぼくら わかもの みんな なかまさ
うたおうよ きみも とりたちのように
あしたに うたえば
ゆうきがわいてくる (くーる)
▲ページのトップへ戻る

うたがいっぱい
作詞:柴田洋太郎 作曲:平吉毅州

歌が聞こえる 希望の歌が
若い仲間の 明るい声が
きみも わたしも 一緒に歌おう
よろこびを分け合おう
うたごえに乗せ
ランランラ ランランランラン 歌おうよ
ランランラ ランランランラン さあ きみも
ランランラ ランランランラン こえ合わせ
ランランラン 仲間を 歌で呼ぼう

歌が聞こえる 希望の歌が
若い仲間の 元気な声が
ぼくも あなたも 一緒に歌おう
よろこびを分け合おう
うたごえに乗せ
ランランラ ランランランラン 歌おうよ
ランランラ ランランランラン さあ きみも
ランランラ ランランランラン こえ合わせ
ランランラン 仲間を 歌で呼ぼう
▲ページのトップへ戻る

歌いながら
作詞:浜口庫之助 作曲:浜口庫之助

どこへゆく おがわのみずよ
やすみなく たのしそうに
ちいさなこえで うたいながら
たびをつづける おがわのみずよ
ぼくもきみの まねをして
ぼくもきみを おいかけて
たびをつづけよう うたいながら

どこからきた たにのそよかぜ
どこへいそぐ あともみずに
おしえておくれ きみのこころ
たびのゆくえを きみはしってる
ぼくもきみの まねをして
あいするまちを あとにして
たびをつづけよう うたいながら
▲ページのトップへ戻る

宇宙船ペペペペランと弱虫ロン
作詞:谷川俊太郎 作曲:湯浅譲二

ペペペペランは宇宙船
むらさきいろのあかつきに
アンドロメダへとびたった
のりくむ子ども二十七人
たちまち地球は 雲のかなた

ペペペペランは宇宙船
くる日くる年とびつづけ
いつか子どもは年をとり
次から次へ結婚式だ
なつかしい地球は 星のかなた

一人のこったひとりもの
ひとりぼっちの料理番
弱虫ロンはししっ鼻
そのときぶつかる大ほうき星
ふるさとの地球は はるかかなた

胴体にあいた大穴を
なおす勇気はだれのもの
弱虫ロンはベソをかき
かなづち片手みごとになおす
なつかしい地球は 星のかなた

ペペペペランは宇宙船
だいじな時間むだにできぬ
弱虫ロンをおきざりに
ゆくえもしらずまっしぐら
ふるさとの地球ははるかかなた

ペペペペランは宇宙船
ギラギラ光る星の中
弱虫ロンは気がふれた
星のあいだをただよって
大きな声で歌をうたう
なつかしい地球は 星のかなた
▲ページのトップへ戻る

うまさん
作詞:佐藤義美 作曲:萩原英彦

うまさん うまさん のりたいな
のって パッカ パッカ はしりたいな
しゃがんで のせて くださいな うまさん

うまさん うまさん のりたいな
のって パッカ パッカ はしりたいな
はしごを かけて のろうかな うまさん
▲ページのトップへ戻る

うまっこどさんこ
作詞:小黒恵子 作曲:中田喜直

ジャンランジャンランジャンランジャンラン
ふぶきの みちを
にもつを つんで うまがいく
そりは おもいか つかれたら
まちは ちかいよ もうすぐだ
うまっこ どさんこ
エイエイオーエイエイオー

ジャンランジャンランジャンランジャンラン
すずのね たかく
たてがみ ふって うまがいく
ゆきは すべるよ きをつけろ
おなか すいたか もうすぐだ
がんばれ どさんこ
エイエイオーエイエイオー
▲ページのトップへ戻る

〜尋常小学唱歌
作詞:(PD) 作曲:(PD)

松原遠く 消ゆるところ
白帆の かげは浮かぶ
ほしあみ 浜に高くして
かもめは低く 波にとぶ
見よ昼の海 見よ昼の海

島山やみに しるきあたり
いさり火 光あわし
よる波 岸にゆるくして
うら風かろく いさご吹く
見よ夜の海 見よ夜の海
▲ページのトップへ戻る


作詞:林柳波 作曲:井上武士

うみは ひろいな 大きいな
月が のぼるし 日がしずむ

うみは 大なみ あおい なみ
ゆれて どこまで つづくやら

うみに おふねを うかばして
いって みたいな よそのくに
▲ページのトップへ戻る

うみでおめでとう
作詞:宮澤章二 作曲:湯山昭

おおきな おおきな うみだから
でてこい でてこい
おおきな おひなさま
でてきて きっと おどろくよ
だって かもめが せいぞろい
「おめでとう おひさま」

ぼくらの ぼくらの うみだから
でてこい でてこい
ぼくらの おひさま
でてきて きっと よろこぶよ
だって おふねが はたたてて
「おめでとう おひさま」
▲ページのトップへ戻る

海ほおずきの歌
作詞:田中一郎 作曲:山本雅之(専属)

その日は海が あれていた
大波小波に はこばれて
見知らぬ浜べに 打ちあげられた
わたしゃほおずき 海ほおずきよ
ソレドンブラ ドンブラ ドンブラコ

りょうしに ひろいあげられて
きれいにおけしょう させられて
遠くの町まで うられて行った
わたしゃほおずき 海ほおずきよ
ソレドンブラ ドンブラ ドンブラコ

おかめにかがみ なぎなたと
名まえは形で ちがうけど
きょうだいそろって みな歌うたい
わたしゃほおずき 海ほおずきよ
ソレドンブラ ドンブラ ドンブラコ
▲ページのトップへ戻る

うめぼしのうた
作詞:関根栄一 作曲:湯山昭

うめぼし しょっぱい
みている だけでも おお しょっぱい
ひなたに ほされて しわだらけ
ひなたの においが ぷん ぷん ぷん

うめぼし しょっぱい
たべたら ほんとに おお しょっぱい
ちいさい かみさま たねのなか
てんじんさまです のん のん のん
▲ページのトップへ戻る

浦島太郎〜尋常小学唱歌
作詞作曲:(PD)

昔 昔 浦島は
助けた亀に連れられて
龍宮城へ来てみれば
絵にもかけない美しさ

乙姫様の御馳走に
鯛やひらめの舞踊
ただ珍しくおもしろく
月日のたつのも夢の中(うち)

遊びにあきて気がついて
お暇乞(いとまごい)もそこそこに
帰る途中の楽しみは
土産に貰った玉手箱

帰って見れば こはいかに
もといた家も村もなく
道に行きあう人々は
顔も知らない者ばかり

心細さにふたとれば、
あけてくやしき玉手箱
中からぱっと白煙(しろけむり)
たちまち太郎はおじいさん
▲ページのトップへ戻る

うれしいひなまつり
作詞:サトウハチロー 作曲:河村光陽(PD)

あかりをつけましょ ぼんぼりに
お花をあげましょ 桃の花
五人ばやしの 笛太鼓
今日はたのしい ひな祭り

お内裏様と おひな様
二人ならんで すまし顔
お嫁にいらした 姉様に
よく似た官女の 白い顔

金のびょうぶに うつる灯を
かすかにゆする 春の風
すこし白酒 めされたか
あかいお顔の 右大臣

着物をきかえて 帯しめて
今日はわたしも はれ姿
春のやよいの このよき日
なによりうれしい ひな祭り
↑ページのトップへ戻る

うさぎのおばあさん
作詞:阪田寛夫 作曲:大中恩

うさぎのおばあさん うしろむき
みみをせなかにのせて ねているの
はこにさわると めんどうくさそうに
みみをかたっぽ たてました

うさぎのおばあさん でておいで
あおいくさはらのはら はしろうよ
ひとつとんだら それでもうおしまい
せなかのばして おおあくび

うさぎのおばあさん くちもぐもぐ
かぜにふかれてひとり ゆめみてる
むかしだれかの てのひらのうえで
ひるねしたゆめ まるいゆめ
▲ページのトップへ戻る

ウサギの耳
作詞:香山美子 作曲:中田喜直

ウサギのみみは フィリリリアン
まぁだすこしさむいけど
みみのうしろは はるですよ

リスのしっぽは フィリリリアン
まぁだすこしさむいけど
しっぽのさきは はるですよ

ヤギのせなかは フィリリリアン
まぁだすこしさむいけど
せなかのうえは はるですよ
▲ページのトップへ戻る

うんとこしょすたこらさ
作詞:片岡政子 作曲:桑原研郎

ヨーイ ドン 
つなひきつなひき まけるなよ
赤白赤白 どちらがつよい
うんとこうんとこ うんとこしょっしょ
あっ と力をだしすぎた
しりもちついちゃった
うんとこしょっしょ まけちゃった

ヨーイ ドン
かけっこかけっこ まけるなよ
そのいきそのいき 地球をまわれ
すたこらすたこら すたこらさっさ
あっ とあそこにママがいる
そっちをむいちゃった
すたこらさっさっ まけちゃった
▲ページのトップへ戻る

うちのかぞく
作詞:つくも治 、作曲:福田和禾子

ぼくがいて おにいちゃんがいて
おじちゃんがいて おとうさんがいて
おじいちゃんがいる
ぼくもおじいちゃんになるのかな
おにいちゃんのおとうさんが おとうさん
おとうさんのおとうさんが おじいちゃん
ぼくもおじいちゃんになるのかな

わたしがいて おねえちゃんがいて
おばちゃんがいて おかあさんがいて
おばあちゃんがいる
わたしもおばあちゃんになるのかな
おねえちゃんのおかあさんが おかあさん
おかあさんのおかあさんが おばあちゃん
わたしもおばあちゃんになるのかな
▲ページのトップへ戻る

うちのギター
作詞:ふくしま・やす 、作曲:田中星児

ギターひきたい ひきたいギター
そこでとうさん ギターをおみやげ
※ラーララ ルーララー ポロン ポロン ボン
ラーララ ルーララー ポロン ポロン ポン※

ギターでっかい でっかいギター
そこでわたしの ゆびがとどかぬ
ギターあったら ひきたいギター
そこでとうさん でたらめひきだす
(※繰り返し)

ギターうるさい うるさいギター
そこでかあさん とうさんしかる
ギターしまった おしいれのなか
いまじゃねずみが ひいてるギター
(※繰り返し)
ポロン ポロン ポン
ポロン ポロン ポン
ポロン ポロン ポン
▲ページのトップへ戻る

海へ行ったら
作詞:井出隆夫 、作曲:深町純

かいがらおみみにあててごらん
うみのことばがきこえるよ
シー シー シー
ほらね チャプチャプこんにちわ

はまべにのこしたあしあとは
なみといっしょにたびにでる
シー シー シー
ほらね バイバイさようなら

ヒトデを おそらにかえしたら
いつか ほんとのほしになる
シー シー シー
ほらね キラキラうたうよ
▲ページのトップへ戻る

うたえてのひら
作詞:名村宏 、作曲:越部信義

※うたえてのひらバンバンババンバン
うたえてのひらバンバンババンバン※
小さな小さなてのひらを
つなげば輪になるうたになる
こわれたバケツもあきかんも
うたをしってるうたいだす
(※繰り返し)

(※繰り返し)
小さな小さな手拍子で
地球もひとつのうたになる
こわれたやかんもあきびんも
うたをしってるうたいだす
(※繰り返し)
▲ページのトップへ戻る

ウパウパリズムはおまじない
作詞:たなべまもる 、作曲:若松正司

ソレ ウパウパウパパ
ウパウパリズムはおまじない
たたけばウパウパ強くなる
ソレ 強くなるったら強くなる
おねしょをした子も強くなれ
ねぼすけぼうやは こっくりこ
ふとんのちずは たからのしまだ
ピーターパンも よろこぶぞ
ソレ 強くなれったら強くなれ
強くなれったら強くなれ

ソレ ウパウパウパパ
ウパウバリズムはおまじない
たたけばスッチャカ強くなる
ソレ 強くなるったら強くなる
べそをかいたぼうやも強くなれ
なきまねする子は かたくりこ
なきむしけむし はさんですてろ
今ないたからすが わらってる
ソレ 強くなれったら強くなれ
強くなれったら強くなれ
▲ページのトップへ戻る

馬のシッポぶたのシッポ/坂本九
作詞:阿部日登美 、作曲:山本直純

けさあのこに会ったら なんて声かけよう
おはようじゃつきなみ オッスじゃちょっと ウーン!
いじわるしちゃおうかな 泣かせちゃおうかな

あの長いおさげ髪 フワフワのおさげ
痛くないくらいにひっぱって
ボクはボクはこういうんだ
馬のシッポぶたのシッポラーラーラ
ボクもシッポになりたいな
ラーラーラララ ラーラーラララ ラーラーラララ
ボクもシッポになりたいな※

帰りあのこに会ったら なんて声かけよう
さよならじゃてれくさい バーイじゃちょっと ウーン!
しらんふりしちゃおうかな あやまっちゃおうかな
(※繰り返し)
▲ページのトップへ戻る

ウンパッパ
訳詞:峯陽

歌にねがいを こめてうたえば
広場で 街で 公園で
楽しい歌が ことりのように
みんなの夢を うたいだす
※ウンパッパ ウンパッパ だれでも
 ウンパッパ ウンパッパ 知っている
君と僕とは ともだちさ
だから ウンパッパ

心の中を のぞいて見られる
めがねがあったら べんりだな
あの子は早く おとなになって
まいにちダンスを してみたい
※繰り返し
どんなにすまして かくしても
だめよ ウンパッパ

夢をだいじに しながらこどもは
すてきなおとなに なるでしょう
おとなはいつか としよりになって
むかしの思い出 うたうでしょう
※繰り返し
いつでもたのしい夢をみて
げんきに ウンパッパ

※繰り返し
こどもも おとなも あかちゃんも
いっしょに ウンパッパ
▲ページのトップへ戻る

posted by takimari at 17:30 | Comment(1) | みんなのうた・童謡・唱歌 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2010年8〜9月、馬のシッポぶたのシッポをパソコンで聞けなかったので、かわりに夢みる子ねこを聞きました。
Posted by 生後313ヶ月 at 2014年06月30日 03:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]