2006年03月02日

みんなのうた・童謡・唱歌:あ

歌詞をお探しの方、→→「おかあさんといっしょ」にあるかもしれません。

あいさつのうた あいつとあのこ 愛のかたち 青い風 青い眼の人形 あおいそらのうた あおいとり あかいかさ 赤い靴 赤い鳥小鳥 あかいはっぱひとつ 赤い花白い花 赤い帽子白い帽子 赤い山青い山白い山 赤鬼と青鬼のタンゴ あかかて しろかて 赤ちゃんだけど 赤ちゃんのお耳 赤とんぼ 赤鼻のトナカイ 秋の子  秋のかくれんぼ 秋のかぞえうた  あきのくらべっこ 秋物語 あくび あさがお 朝寝 あさのあいさつ 朝はどこから あしか あじさい あした あしたのあしたへ出発だ アスタ・ルエゴ 頭の上には  あたらしいうち あっちこっちのインディアン あっちの水(ほたるこい) アップンおねんね あの犬へんだ あの子はたあれ あの町この町 あの青い空のように  あひるのスリッパ アブアブベビー 甘い夏みかん あまいもの  雨が空から降れば 雨さん今日は あめだから 雨の中のポスト あめのひ 雨の日の青いかさ 雨の降る日に生まれた子 雨の遊園地 雨ふり 雨降りお月さん あられ あわて床屋 あんたがたどこさ

お役に立ちましたら、クリックをお願いします

蒼い風
作詞:勝承夫 作曲:海沼実

ますみの青空 はるばると
心もほがらな 青い風
ひばりも空から 呼んでいる
みんなで行こうよ 元気よく
希望の光が 満ちわたる

真白な雲さえ はるばると
なんだか楽しい 青い風
せなのリュックに 花さして
歌えばはずむよ 足並みも
希望の光が 満ちわたる

あの山 この山 はるばると
渡るよそよ風 青い風
野ばらもきれいに 咲いている
見渡す限りに なつかしい
希望の光が 満ちわたる
▲ページのトップへ戻る

あおいそらのうた
作詞:さとう・よしみ 作曲:服部公一

くさと木ずえが ゆびさしている あおいそら
とんびのこえが とんびを さがしてる あおいそら
ア、あおいそらのしたには だぁれも いない

しろいすみれが まいおりてくる あおいそら
とんびのこえが とんびをさがしてる あおいそら
ア、あおいそらのしたには なんにもないよ

みずと りんごに ほほえんでいる あおいそら
とんびのこえが とんびを みつけた あおいそら
ア、あおいそらのしたには みんなが いるよ
▲ページのトップへ戻る

あかいかさ
作詞:鶴見正夫 作曲:中田喜直

あかいかささして まえをいくあのこ
かさにかくれて あししかみえないよ
あかいかさいいな ふりむかないかな

あかいかささして まえをいくあのこ
かさをまわして ひとりでうれしそう
あかいかさいいな よびかけようかな

あかいかささして まえをいくあのこ
あめがやんだら ならんでいきたいな
あかいかさいいな おいついちゃおかな
▲ページのトップへ戻る

赤い靴
作詞:野口雨情(PD) 作曲:本居長世(PD)

赤い靴はいてた 女の子
異人さんに連れられて 行っちゃった

横浜の埠頭(はとば)から 船に乗って
異人さんに連れられて 行っちゃった

今では青い目に なっちゃって
異人さんのお国に いるんだろ

赤い靴見るたび かんがえる
異人さんに逢うたび かんがえる
▲ページのトップへ戻る

赤い鳥小鳥
作詞:北原白秋(PD) 作曲:成田為三(PD)

赤い鳥 小鳥 なぜなぜ 赤い
赤い実を たべた
 
白い鳥 小鳥 なぜなぜ 白い
白い実を たべた

青い鳥 小鳥 なぜなぜ 青い
青い実を たべた
▲ページのトップへ戻る

赤い帽子白い帽子
作詞:武内俊子(PD) 作曲:河村光陽(PD)

赤い帽子 白い帽子 仲よしさん
いつも通るよ 女の子
ランドセルしょって お手々を ふって
いつも通るよ 仲よしさん

赤い帽子 白い帽子 仲よしさん
いつも駈けてく 草の道
おべんとうさげて お手々をくんで
いつも駈けてく 仲よしさん

赤い帽子 白い帽子 仲よしさん
いつもたのしい 笑い声
おひより小みち かげぼうしふんで
いつもたのしい 仲よしさん

赤い帽子 白い帽子 仲よしさん
いつも可愛い 歌い声
黒い靴はいて 赤い靴はいて
いつも可愛い 仲よしさん
▲ページのトップへ戻る

赤ちゃんのお耳
作詞:都築益世 作曲:佐々木すぐる(専属)

赤ちゃんのお耳は 小さなお耳
ふっくらかわいい かたつむり
右と左に 一ぴきずつよ
おっと二つ かわいいお耳

赤ちゃんのお耳は きれいなお耳
ほんのり桃色 さくら貝
ねてて笑って にこにこえくぼ
どんなお夢を 見ているでしょう

赤ちゃんのお耳は かわいいお耳
お目ざになったら ききましょう
夢でみたこと お話してね
ほんとかわいい 小さなお耳
▲ページのトップへ戻る

赤とんぼ
作詞:三木露風 作曲:山田耕筰

夕やけ小やけの 赤とんぼ
負われて見たのは いつの日か

山の畑の 桑の実を
小籠に摘んだは まぼろしか

十五で姐やは 嫁に行き
お里のたよりも 絶えはてた

夕やけ小やけの 赤とんぼ
とまっているよ 竿の先
▲ページのトップへ戻る

赤い山青い山白い山 〜北海道地方のわらべ唄
作詞:忠海光明 作曲:消滅

ねんねのねたまになにせよいの
あずきもちのとちもちや
赤い山へ持ってゆけば 赤い鳥がつっつく
青い山へ持ってゆけば 青い鳥がつっつく
白い山へ持ってゆけば 白い鳥がつっつくよ

ねんねのねたまになにせよいの
こがしわ切りかぶ切り根っこ
赤い馬がひいてみれば 赤い土がほれた
青い馬がひいてみれば 青い草がちぎれた
白い馬がひいてみれば 白い根っこがぬけたよ
▲ページのトップへ戻る

秋の子
作詞:サトウハチロー 作曲:末広恭雄

すすきの中の子 一 二の三人
はぜつりしてる子 三 四の五人
どこかでやき栗 焼いている
つばきをのむ子は 何人だろな

柿の実みてる子 一 二の三人
さよならしてる子 三 四の五人
ご飯になるまで おもりする
おんぶをする子は 何人だろな

日暮に走る子 一 二の三人
ふろたきしてる子 三 四の五人
こおろぎあちこち 鳴き出した
さみしく聞く子は 何人だろな
▲ページのトップへ戻る


作詞:井上赳 作曲:弘田龍太郎

チンチロまつ虫 虫のこえ
庭のはたけで なきました

ぎらぎら葉の露 草の露
月のひかりが ぬれました

とろとろ燃える火 いろりの火
くりがはぜます においます
▲ページのトップへ戻る

あくび
作詞:中山知子 作曲:小林秀雄

おひさま みてたよ だれかさんも みてたよ
ねむくなって あくび してるとこ みてたよ

となりの イヌもさ 子イヌだって みてたよ
つられちゃって アウアウアウアーウ
はずかしく なっちゃったよ

だけどね いやだよ ひるねなんか やだってば
みてごらんよ ぼくはもう
ちっちゃい子じゃ ないんだもん
▲ページのトップへ戻る

あさがお(PD)尋常小学唱歌
作詞:不詳 作曲:不詳

毎朝 毎朝 咲く あさがおは
おととい きのうと だんだんふえて
けさは しろ四つ むらさき 五つ

大きな つぼみは あす 咲く花か
小さな つぼみは あさって 咲くか
早く 咲け咲け しぼりや 赤も
▲ページのトップへ戻る

朝寝
作詞:松原至大 作曲:弘田龍太郎(PD)

とろろん とろろん 鳥がなく
ねんねの森から 目がさめた
さめるにゃさめたが まだねむい

とろろん とろろん 鳥がなく
鳥のなく声 きくほどに
わたしのおめめが まだねむい

舌を切られた すずめなら
チュッチュ チュッチュと なくけれど
とろろん小鳥は なんの鳥

ごはんたべたし まだねむし
学校にゃ行きたし まだねむし
とろろん小鳥が ないている
▲ページのトップへ戻る

あしか
作詞:藤田圭雄 作曲:伊藤翁介

あしか ちょっと見た ひるまの月を
月にいわし雲 すいすい とんでた

あしか ちょっととんだ 岩から水へ
水におさかな ひょいひょい はねてた

あしか ちょっと出た むこうの岸へ
岸にすみれが ちらちら さいてた
▲ページのトップへ戻る

あした
作詞:清水かつら(PD) 作曲:弘田竜太郎(PD)

お母さま 泣かずにねんね いたしましょう
赤いお船で 父さまの
かえるあしたを たのしみに

お母さま 泣かずにねんね いたしましょう
あしたの朝は 浜に出て
かえるお船を 待ちましょう

お母さま 泣かずにねんね いたしましょう
赤いお船の おみやげは
あの父さまの わらい顔
▲ページのトップへ戻る

あっちの水(わらべうた)(PD)

ほう ほう ほたるこい
あっちの水は にがいぞ
こっちの水は あまいぞ
ほう ほう ほたる こい
▲ページのトップへ戻る

頭の上には
作詞:まど・みちお 作曲:大中 恩

あたまのうえには ぼうしがあるよ
ぼうしのしたには あたまがあるよ
もしもぼうしを かぶればね
かっぷる けっぷる ぽーい ぽい

あたまのうえには なんにもないよ
なんにもないけど おそらがあるよ
もしもぼうしを ぬいだらね
かっぷる けっぷる ぽーい ぽい
▲ページのトップへ戻る

あの子はたあれ
作詞:細川雄太郎 作曲:海沼 実

あの子は だあれ だれでしょね
なんなんなつめの 花の下
お人形さんと 遊んでる
かわいい美代ちゃんじゃ ないでしょか

あの子は だあれ だれでしょね
こんこん小やぶの 細道を
竹馬ごっこで 遊んでる
隣の健ちゃんじゃ ないでしょか

あの子は だあれ だれでしょね
とんとん峠の 坂道を
ひとりでてくてく 歩いてる
お寺の小僧さんじゃ ないでしょか

あの子は だあれ だれでしょね
お窓にうつった 影法師
お外はいつか 日がくれて
お空にお月さんの 笑い声
▲ページのトップへ戻る

あの町この町
作詞:野口雨情(PD) 作曲:中山晋平(PD)

あの町この町 日が暮れる 日が暮れる
今きたこの道 かえりゃんせ かえりゃえんせ

お家がだんだん 遠くなる 遠くなる
今きたこの道 かえりゃんせ かえりゃえんせ

お空にゆうべの 星が出る 星が出る
今きたこの道 かえりゃんせ かえりゃえんせ
▲ページのトップへ戻る

あの青い空のように
作詞作曲:丹羽謙次

よろこび広げよう 小さな 僕たちだけど
あの青い空のように すみきった心になるように

明るさいつまでも 小さな 僕たちだけど
あの青い空のように すみきった心になるように

手と手をつなごう 小さな 僕たちだけど
あの青い空のように すみきった心になるように
すみきった心になるように
▲ページのトップへ戻る

あひるのスリッパ
作詞:武鹿悦子 作曲:湯山昭

あひるのスリッパ きいろいスリッパ
おもたい おもたい ガア ピル ピル

おがわでせんたく どろんこスリッパ
らくちん らくちん ガア ピル ピル
▲ページのトップへ戻る


作詞:北原白秋(PD) 作曲:弘田龍太郎(PD)

雨が降ります 雨が降る
あそびにゆきたし かさはなし
紅緒のかっこも 緒がきれた

雨が降ります 雨が降る
いやでもおうちで あそびましょう
千代紙折りましょ たたみましょ

雨が降ります 雨が降る
けんけんこきじが 今鳴いた
こきじも寒かろ さみしかろ

雨が降ります 雨が降る
お人形寝かせど まだやまぬ
おせんこ花火も みなたいた

雨が降ります 雨が降る
ひるも降る降る 夜も降る
雨が降ります 雨が降る
▲ページのトップへ戻る

雨の遊園地
作詞:谷内六郎 作曲:中村八大

木立も ぶらんこも メリーゴーランドも
ベンチも みんなみんな 雨にぬれていた

木立も ぶらんこも メリーゴーランドも
ベンチも みんなみんな ねずみ色

ねずみ色の雨の中
ひとりぼっちの子雀と ひとりぼっちの女の子
お話しているかさの中 白いレィンシューズに
しずくが光る 光るしずくに涙が光る

木立も ぶらんこも メリーゴーランドも
ベンチも みんなみんな 雨にぬれていた

木立も ぶらんこも メリーゴーランドも
ベンチも みんなみんな ねずみ色
▲ページのトップへ戻る

雨ふり
作詞:北原白秋(PD) 作曲:中山晋平(PD)

雨 雨 ふれふれ かあさんが
蛇の目でおむかい うれしいな
ぴっちぴっち ちゃっぷちゃっぷ らんらんらん

かけましょ鞄を かあさんの
後からゆこゆこ 鐘がなる
ぴっちぴっち ちゃっぷちゃっぷ らんらんらん

あらあら あの子は ずぶぬれだ
柳のねかたで 泣いている
ぴっちぴっち ちゃっぷちゃっぷ らんらんらん

かあさんぼくのを 貸しましょか
君 君 このかさ さしたまえ
ぴっちぴっち ちゃっぷちゃっぷ らんらんらん

僕ならいいんだ かあさんの
大きな蛇の目に 入ってく
ぴっちぴっち ちゃっぷちゃっぷ らんらんらん
▲ページのトップへ戻る

雨降りお月さん
作詞:野口雨情(PD) 作曲:中山晋平(PD)

雨降りお月さん 雲のかげ
お嫁にゆくときゃ だれとゆく
一人でからかさ さしてゆく
からかさないときゃ だれとゆく
シャラシャラ シャンシャン 鈴つけた
お馬にゆられて ぬれてゆく
▲ページのトップへ戻る

あられ
作詞:葛原しげる 作曲:梁田 貞

こんこん こんこん
あられがふる ぱらり ぱらり
こんこんこんこんこん
おやねに あられがふる
ぱらりぱらりぱらり
おててを ひろげて
あられをうけよ

こんこん こんこん
あられがふる ぱらりぱらりぱらり
▲ページのトップへ戻る

あわて床屋
作詞:北原白秋(PD) 作曲:山田耕筰

春は早うから 川辺の芦に
かにが店出し 床屋でござる
ちょっきん ちょっきん ちょっきんな

こがにぶつぶつ しゃぼんを溶かし
おやじ自慢で はさみを鳴らす
ちょっきん ちょっきん ちょっきんな

そこへうさぎが お客にござる
どうぞ急いで 髪刈っておくれ
ちょっきん ちょっきん ちょっきんな

うさぎァ気がせく かにァあわてるし
早く早くと 客ァ詰めこむし
ちょっきん ちょっきん ちょっきんな

邪魔なお耳は ぴょこぴょこするし
そこであわてて ちょきんと切りおとす
ちょっきん ちょっきん ちょっきんな

うさぎァ怒るし かにァ恥ょかくし
しかたなくなく 穴へと逃げる
ちょっきん ちょっきん ちょっきんな
▲ページのトップへ戻る

あんたがたどこさ
作詞:(PD) 作曲:(PD)

あんたがた どこさ 肥後さ
肥後 どこさ 熊本さ
熊本 どこさ せんばさ
せんば山には 狸がおってさ
それを猟師が 鉄砲で打ってさ
煮てさ 焼いてさ 食べてさ
それを 木の葉で ちょとかぶせ
▲ページのトップへ戻る

あかいはっぱひとつ
作詞:東龍男 作曲:山本直純

あかいはっぱひとつ ひらひらとんだ
ひらひらおどり おがわにそっときえた
ラリラリララ ラリラリララ ラリラリラ
あきかぜさんがみてた

きいろいはっぱふたつ くるくるとんだ
くるくるおどり おにごっこをしてた
ラリラリララ ラリラリララ ラリラリラ
ことりさんがみてた
▲ページのトップへ戻る

あさのあいさつ
作詞:阪田寛夫 作曲:大中恩

あさならね おおきなこえで いっちゃうの
おはよう せんせい おはよう けんちゃん
ああ じょうずに じょうずに いえました

だれにでも あいさつしよう かけてって
おはよう はとくん おはよう ポッポウ
ああ じょうずに じょうずに いえました
▲ページのトップへ戻る

あまいもの
作詞:筒井敬介 作曲:中田喜直

だれもいない おうちのなかで
あまいもの かんがえた
おかあさんの おつかい おそいんだな
おとうさんの おみやげ このごろないな
おばあちゃんの おうちは ひとりじゃいけない
あまいもの なんにもないな
だれもいない おうちのなかで
あまいもの かんがえた
あっ おかあさん かえってきた
▲ページのトップへ戻る

雨さん今日は
作詞:吉岡治 作曲:八城一夫

おやまに ふるあめは
ザンザザン ザ ザンザンザン
かけっこしてる
ザンザザン ザ ザンザンザン
あめさん こんにちは

のはらに ふるあめは
ジャブジャブ ピチャピチャピチャ
かくれんぼしてる
ジャブジャブ ピチャピチャピチャ
あめさん こんにちは

おがわに ふるあめは
ピッチプッチ ピンピンピン
スキップしてる
ピッチプッチ ピンピンピン
あめさん こんにちは
▲ページのトップへ戻る

甘い夏みかん
作詞:大熊義和、まど・みちお 作曲:湯浅譲二

ぼくが なつみかんを たべたらね
みんなが みたよ
すっぱいすっぱい かおをして
ぼくは ひとりで たべたよ
あまい あまい かおをして
あまい あまい なつみかん
▲ページのトップへ戻る

あきのくらべっこ
作詞:こわせ・たまみ 作曲:越部信義

くらべっこ くらべっこ
くらべっこかい コスモスくん
だれだれ だれだれ
だれがいちばん たかいかな
ぼくだよ ぼくだよ
ぼくだよ ぼくだよ
ちがうよ ぼくだいって
あかとんぼが とまったよ

くらべっこ くらべっこ
くらべっこかい あかとんぼくん
だれだれ だれだれ
だれがいちばん あかいかな
ぼくだよ ぼくだよ
ぼくだよ ぼくだよ
ちがうよ ぼくだいって
かきのみが にらんだよ

くらべっこ くらべっこ
くらべっこかい かきのみくん
だれだれ だれだれ
だれがいちばん まるいかな
ぼくだよ ぼくだよ
ぼくだよ ぼくだよ
ちがうよ ぼくだいって
おひさまが わらったよ
▲ページのトップへ戻る

秋のかぞえうた
作詞:ふじたあさや 作曲:岩代浩一

ひとつ ひばちの ほしいころ ほしいころ
ふたつ ふじには ゆきだとさ ゆきだとさ

みっつ みかんは みかんいろ みかんいろ
よっつ よながは もうさむい もうさむい

いつつ いちょうは きんのいろ きんのいろ
むっつ むくどり なきだして なきだして

ななつ ななくさ さくころにゃ さくころにゃ
やっつ やまには ふゆがきて ふゆがきて

ここのつ このみも うれました うれました
とおじゃ とんぼは もういない もういない

みればからすも もういない
ゆうやけしょって かえろ
▲ページのトップへ戻る

秋のかくれんぼ
作詞:筒井敬介 作曲:越部信義

秋のかくれんぼ
かくれているのは どなた
どこかで だれかが
クスクス クスクス クスクス
秋のかくれんぼ
おめめつぶって もういいかい
どこかで だれかが
カサコソカサコソ カサコソカサコソ
もういいかい もういいよ
みーつけた
リスさん きのこのかさから
はみでて みえてるよ
あっはっは ふとったね

秋のかくれんぼ
かくれているのは どなた
どこかで だれかが
クスクス クスクス クスクス
秋のかくれんぼ
おめめつぶって もういいかい
どこかで だれかが
カサコソカサコソ カサコソカサコソ
もういいかい もういいよ
みーつけた
クマさん ぶどうのふさから
はみでて みえてるよ
あっはっは ふとったね
▲ページのトップへ戻る

あの犬へんだ
作詞:内山登美子  作曲:服部公一

あの犬へんだ
ねむっているのに お耳がうごく
ピクピク ピクピクピク
へんではないよ 夢みてるんだ

あの犬へんだ
ねむっているのに しっぽをふった
クルクル クルクルクル
へんではないよ 夢みてるんだ

あの犬へんだ
ねむっているのに ワワンとないた
ワンワン ワンワンワン
へんではないよ 夢みてるんだ
▲ページのトップへ戻る

雨が空から降れば
作詞:別役実 作曲:小室等

雨が空から降れば 想い出は地面にしみこむ
雨がシトシト降れば 想い出はシトシトにじむ

黒いこうもり傘をさして街を歩けば
あの街は雨の中 この街も雨の中
電信柱もポストもふるさとも雨の中
しょうがない雨の日はしょうがない  
公園のベンチで一人
お魚を釣ればお魚もまた雨の中
しょうがない雨の日はしょうがない  
しょうがない雨の日はしょうがない
▲ページのトップへ戻る

愛のかたち / 鴉鷺(あろ) *白鳥英美子
作詞:荒木とよひさ 作曲:白鳥澄夫

たとえば海鳥のように
ひとりぼっちなのはなぜ
時には旅人のように
雲を見つめているのはなぜ
つぶやきを誰かに話せたら
淋しさが消えるかもしれない
この季節が通りすぎれば
寒い指先も暖かくなるでしょう
心は不思議な心は不思議な 愛のかたち

たとえば海鳥のように
ひとりぼっちなのはなぜ
たとえば白い貝のように
無口になるのはなぜ
悲しみを誰かにうちあけたら
素直になれるかもしれない
この季節に別れ告げれば
そうよ懐かしい思い出になるでしょう
心は不思議な心は不思議な 愛のかたち
▲ページのトップへ戻る

赤ちゃんだけど
作詞:名村宏 、作曲:小森昭宏

ぞうのあかちゃん 
あかちゃんだけど おばあさん
とってもしわが おおいんだ

ねこのあかちゃん
あかちゃんだけど おとうさん
ながいひげが いばってる

へびのあかちゃん
あかちゃんだけど おにいさん
にるんとしてて ひょろながい

さるのあかちゃん
あかちゃんだけど よっぱらい
いつでもあかい かおなんだ
▲ページのトップへ戻る

アップンおねんね
作詞:岩橋正子 、作曲:服部公一

アップン でんきがつきました
そらのでんきが つきました
ちいさなでんきは おほしさま
おおきなでんきは おつきさま

アップン おねむになりました
とけいのはりの おおあくび
ひよこもちょうちょうも こっくりこ
おかしもリンゴも ねんねです

アップン でんきがきえました
おへやのでんきが きえました
ゆめのくにへと きしゃぽっぽ
しずかにしずかに ゆきました
▲ページのトップへ戻る

あたらしいうち
作詞:中村千栄子 、作曲:湯山昭

あたらしいうち ほねばかりのうち
だんだんふとってゆくのが おもしろいうち
はやくできないかな こんどのにちようびまで

あたらしいうち すなばのあるうち
きのうはさんりんしゃも はこんできたうち
はやくあそびたいな みんなをさそっていこう
▲ページのトップへ戻る

あいつとあのこ
作詞:山中恒 、作曲:宮崎尚志

あいつ やなやつ いじわるなんだ
とおせんぼなんか するんだ ヘッ!
だけど ほんとは ほんとは ともだちなんだ
ほくが ころんだとき
「なくなよな」って いってくれたもん

あのこ いやなこ いじわるなのよ
あかんべなんか するのよ フン!
だけど ほんとは ほんとは ともだちなのよ
わたしが ころんだとき
「がんばって」って いってくれたもん
▲ページのトップへ戻る

あしたのあしたへ出発だ
作詞:井出隆夫 作曲:桜井順

※らぶりぶ らぶりぶ ふりー ふりー
いッとォ にィとォ さんとォ しッとォ ごォー!

ひとりとひとりで ふたり
だれかとだれかで みんな
ハッピー列車が きたぞ
あしたのあしたへ出発だ
やりたいことが いっぱいで
からだがひとつじゃ たりないよ
たのしいことが おおすぎて
こころがひとつじゃ たりないよ
はしっておいでよ さあ きみも
地球はごきげん じかんはたっぷり
(※繰り返し)
ハッピー列車が でるぞ
あしたのあしたへ出発だ
▲ページのトップへ戻る

あめのひ
作詞:こわせ・たまみ 、作曲:中田喜直

あそぼうよって あめ こんこんこん
はっぱをたたいて よんでるよ
まってて まってて あめ こんこんこん
ながぐつ すぽんすぽん かさかさ ぱっ

でてきてよって あめ こんこんこん
おいけをつくって よんでるよ
あそぼう あそぼう あめ こんこんこん
ながぐつ ぴちゃんぴちゃん かさかさ くるん
▲ページのトップへ戻る

あっちこっちのインディアン
作詞:吉岡治 、作曲:宇野誠一郎

あっちの山のインディアン
サンマをやいた パタパタパタ ゝ
こっちの山のインディアン
タイコをたたく ポコポコポコ ゝ
ケムケムモクモクけむりみて
タムタムタイコをたたいたが?
なんだがへんだな クンクン ゝ
なんだかへんだなポーカン

むこうの山のインディアン
タイコをたたく ポコポコポコ ゝ
とおくの山のインディアン
みんなでかけた スタスタスタ ゝ
フムフムヌクヌクやりもって
タムタムさがしてきてみたが?
なんだかへんだな ウロウロ ゝ
なんだかへんだなアーリャン

けむりのもとはサンマ
にくいサンマをみんなでたべた
(インディアンうそつかない) ハウ!
▲ページのトップへ戻る

雨の中のポスト
作詞:東龍男 、作曲:若松正司

ひとりぼっちのあめのひ
おてがみかいてだしました
どうしてあめはさみしいの
どうしてあめはないてるの
オンオンオン
おへんじきっとください
あまだれあかちやんのおとうさん

ひとりぼっちのあめのなか
ポストもひとりでたっていた
どうしてポストはあかいかお
どうしてポストはかさがない
オンオンオン
おへんじきっとください
ポストあかちゃんのおかあさん

ひとりぼっちのあめのなか
ボストもひとりでたっていた
ルルルルンルンルンルンルルルルルン
ルルルルンルンルンルンルルルルルンルンル
▲ページのトップへ戻る

雨の日の青いかさ
作詞:若谷和子 、作曲:湯山昭

※ねずみいろのあめのひは
あおいかさをひろげよう
わたしのまるいあおぞら
くるくるまわして
くるくるまわしてでかけよう※

あめのおとプリップンー
あめのあとシュパルルル
いつものみちだけど
とてもたのしい あめのひのさんぽ
(※繰り返し)
▲ページのトップへ戻る

アブアブベビー
作詞:片岡輝 、作曲:宮崎尚志

スーパーベビー スーパーベビー
スーパーベビー スーパーベビー
スーパーベビーがやってくる
ちっこいおしりを ふりながら
ルンララーララ ルンララーララ
はいはいタンゴ
こっちにいるかと思ったら
いつのまにやらママのそば
おっぱいなんか のんじゃって
ほんとはあまえんぼう なんだね

アブブ(アブブ)アブブ(アブブ)
アブブ アブブ アブブ(アブブ)
アブブ(アブブ)アブブ(アブブ)
アブブ アブブ アブブ(アブブ>
アブアブアブアブアブ (アブブ)
アブアブアブアブ アブブ
アブブ アブブ アブブ アブアブ

スーパーベビー スーパーベビー
スーパーベビー スーパーベビー
スーパーベビーがやってくる
でっかいおむつを もちあげて
オットトトット オットトトツト
よちよちロック
たっちができたと思ったら
すぐによちよち歩きだす
ころんでおきて またころび
ほんとにきかんぼう なんだね
▲ページのトップへ戻る

あいさつのうた
作詞:東龍男 、作曲:山本直純

みんなでおはよう おおきくおはよう
げんきにおはよう こえかけて
もいちどおはよう あくしゅでおはよう
てをふっておはよう できたかな

みんなでこんにちは おおきくこんにちは
げんきにこんにちは こえかけて
もいちどこんにちは あくしゅでこんにちは
てをふってこんにちは できたかな

みんなでさよなら おおきくさよなら
げんきにさよなら こえかけて
もいちどさよなら あくしゅでさよなら
てふってさよなら またあした(こんど)
▲ページのトップへ戻る

あめだから
作詞:さとうわきこ 作曲:クニ河内

あめだから かさがポロンポロン うたってる
あめだから ながぐつピチャピチャ うたってる
あめだから みちにいっぱい みずたまり
あめだから はっぱのふねが ながれてく
あめだから ぼくはくちぶえ ふいてみる
あめだから かえるみたいに とんでみる
あめだから みんなどうして いるのかな
▲ページのトップへ戻る

あかかて しろかて
作詞:東龍男 、作曲:山本直純

●あかかて あかかて
●あかはつよい あかははやい
●あかはげんきだぞ
○しろかて しろかて
○しろはつよい しろははやい
○しろはげんきだぞ
〇しろいうさぎは ぴょんぴょんぴょん
●あかいおめめが ぱっちぱち
○しろいくもが そらをとぶよ
●あかいおひさま ひかってる
●あかいとりも うたっている
○しろいとりも うたっている
ラララランランランラーン
○しろかて しろかて
●あかかて あかかて
○しろはつよい しろははやい
●あかはつよい あかははやい
○しろはげんきだぞ
●あかかて あかかて
○しろかて しろかて
●あかはつよい あかははやい
○しろはつよい しろははやい
●みんなげんきだぞ みんなげんきだぞ
みんなげんきだぞ
えいえいおお! おお! えいえいおお
▲ページのトップへ戻る

あおいとり
作詞:山路ゆう子 、作曲:山路ゆう子

しあわせのあおいとり それは心の中に
しあわせのあおいとり そっとねむってむっているよ
めをとじてごらんなさい やさしい心になったとき
しあわせのあおいとり しずかにめをさます

かなしみやさみしさは いつかあの空たかく
まいあがり 七色の虹にかわってしまう
めをあけてごらんなさい わずかなドアのすきまから
しあわせのあおいとり あなたをみつめてる
▲ページのトップへ戻る

雨の降る日に生まれた子
作詞:おおた慶文 作曲:おおた慶文

雨の降る日に生まれた子 やさしい子
風の吹く日に生まれた子 元気な子
※ランラ ランラ ランラ ランラ ランランラン
ランラ ランラ ランランラン※

お日さまてる日に生まれた子 楽しい子
にじの出た日に生まれた子 すてきな子
(※繰り返し)

地震のきた日に生まれた子 強い子
雷鳴る冒に生まれた子 かがやく子
(※繰り返し)

雪の降る日に生まれた子 明るい子
星の降る日に生まれた子 夢見る子
(※2回繰り返し)
▲ページのトップへ戻る


赤い花白い花/ビッキーズ

作詞:中林三恵 作曲:中林三恵

赤い花摘んで あのひとにあげよう 
あのひとの髪に この花 さしてあげよう
赤い花 赤い花 あのひとの髪に
咲いて揺れるだろう おひさまのように

白い花摘んで あのひとにあげよう
あのひとの胸に この花 さしてあげよう
白い花 白い花 あのひとの胸に
咲いて揺れるだろう お月さんのように
▲ページのトップへ戻る


あじさい/太田裕美

作詞:小沢章友 作曲:三枝成章

めざめると あじさいが香ります
窓いっぱいに香ります
雨にぬれ あじさいが香ります
庭いっぱいに 香ります
あれはなんの歌だったのでしょう
朝の夢に きこえたあの歌は
白いかべには ルノワールの少女
みずいろのひとみで 遠くみつめています

雨あがり あじさいが香ります
道いっぱいに香ります
手にとって あじさいをちぎります
しずくをのせ ちぎります
あれはなんの夢だったのでしょう
歌をのこし かけぬけたあの夢は
白い木箱に あじさいを香らせ
海のそば あなたの町へ送りましょうか
▲ページのトップへ戻る

秋物語/尾崎紀世彦
訳詞:山元清多

それは とても お人好しの 
つばめの 物語
なつがすぎたの しらずにいて
こごえた つばめがいた
とおい南の国 
わすれたのか それとも
そらの道を ひとりはずれ 
あそんでいたからか
それが 聞いておくれ 
わらわないで そのわけを
さびしがりの おとこの子を
なぐさめてたからさ

いまは だれも おぼえてない
ちいさな 物語
あきの おわり あさの道に
おちてた つばめがいた
それが 聞いておくれ
わらわないで そのわけを
さびしがりの おとこの子と
やくそくしたからさ

なぜか かなしいのさ
いまも……… なぜだろう
なぜか かなしいいろ
そらは――― なぜだろう
▲ページのトップへ戻る

赤鬼と青鬼のタンゴ/尾藤イサオ
作詞:加藤直 作曲:福田和禾子

秋風の忘れもの 夕焼け ピーヒャララ
こんもり深い山奥に 風にのってとどいた
※つのつの一本 赤鬼どん
 つのつの二本 青鬼どん
 心うかれて 心うかれて踊り出す
月の瞳 ロンロンロンロン
だんだらつの ツンツンツンツン
ああ 夜は今 踊ってる
タンゴのリズム

秋風の忘れもの 夜空に ドンドコショ
しんしん暗い山奥に 山彦どんどことどいた
※繰り返し
月の瞳 ロンロンロンロン
だんだらつの ツンツンツンツン
ああ 夜は今 夢ごこち
タンゴのリズム
▲ページのトップへ戻る

アスタ・ルエゴ〜さよならの月の猫(Hasta Luego)
訳詞:加藤直

※アスタ・ルエゴ さよなら月の猫
 アスタ・ルエゴ また会う日まで
あの夜 突然 舞い降りた
迷い子の 不思議なヒゲの猫
月の雫 まき散らし
銀河色の クシャミした
真夜中に 二人ぼっち
しっぽひとふり 夢こぼす

アスタ・ルエゴ 猫じゃないお前
アスタ・ルエゴ お前 月の猫
喋り 笑い 泣きわめく
うかれた ご気嫌猫
★月の雫 まき散らし
 銀河色の クシャミした
 真夜中に二人ぼっち
 音のない 夢を見た

★繰り返し
※2回繰り返し
▲ページのトップへ戻る

朝はどこから
作詞:森まさる 作曲:橋本国彦

朝はどこから 来るかしら
あの空越えて 雲越えて
光の国から 来るかしら
いえいえ そうではありませぬ
それは希望の 家庭から
朝が来る来る 朝が来る
「お早う」 「お早う」

昼はどこから 来るかしら
あの山越えて 野を越えて
ねんねの里から 来るかしら
いえいえ そうではありませぬ
それは働く 家庭から
昼が来る来る 昼が来る
「今日は」 「今日は」

夜はどこから 来るかしら
あの星越えて 月越えて
おとぎの国から 来るかしら
いえいえ そうではありませぬ
それは楽しい 家庭から
夜が来る来る 夜が来る
「今晩は」 「今晩は」
▲ページのトップへ戻る

posted by takimari at 17:45 | Comment(6) | みんなのうた・童謡・唱歌 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アップルパップルプリンセスは飼い犬と自分が生まれた時の再放送曲です。
Posted by 生後313ヶ月 at 2014年07月16日 20:59
生まれた時の曲がアリスの季節なのは納得いきません。
Posted by 生後313ヶ月 at 2014年07月16日 20:57
埼玉にも、そういう「日記」の毎日の宿題がありました!1冊のノートになっていて、時計の絵まで付いていて、○時に帰宅、夕食、勉強、お風呂、就寝…って、書かねばいけないのです。私は、これが苦痛で苦痛で仕方ありませんでした(^_^.)
伊集院さんのように、見たテレビを時間枠に記入して、感想を書いていけば楽しかったですね。(たぶん、だめだと言われたでしょうけど…)
「赤い花白い花」、オルゴールの伴奏で歌ってみたい気がします。
Posted by takimari at 2013年02月24日 19:52
>ビッキーズの「赤い花白い花」の歌は
歌詞は貼ってありますけど歌ってはいません。

 そうですか。非常にきれいな歌なので残念ですが、仕方ありませんね。

>伊集院さんは、アニメからドラマまで、本当に色々とご存知ですね。

 基本的にシツコク覚えているだけです。ただし、もう少し種明かしをすると、当時私の通っていた小学校では、1年生から6年生まで日記をつけさせられていたのです。しかも毎日先生に提出することが義務付けられていました。けれど日記に書くような、いつもと違ったことなんてそうそう起こる訳もありません。当然そんな私にとって、日記をつけるということは苦痛以外の何物でもありませんでした。そこで私はその日見たTV番組のことを書いていたのです。当然日記に書いたものはよく覚えていますよね(笑)。
Posted by 伊集院 隼人 at 2013年02月24日 14:38
>ビッキーズの「赤い花白い花」の歌は
歌詞は貼ってありますけど歌ってはいません。
この曲は「みんなのうた」を見るようになって、一番最初に覚えた歌でした。
ビッキーズ、存じませんでした。
伊集院さんは、アニメからドラマまで、本当に色々とご存知ですね。
Posted by takimari at 2013年02月24日 14:06
 NHKの「みんなのうた」で流れていた、ビッキーズの「赤い花白い花」の歌はないのでしょうか?それから、同じビッキーズが「ヤングおー!おー!」のエンディングで歌っていた「20才のなくしもの」ってご存知ですか?これもレコードは廃盤になり、CD化もされず、という訳でカラオケも存在しないのですが・・・

 「20才のなくしもの」 ビッキーズ
  http://www.youtube.com/watch?v=t6J0j021CAE
Posted by 伊集院 隼人 at 2013年02月23日 17:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]