2006年03月02日

みんなのうた・童謡・唱歌:さ

歌詞をお探しの方、→→「おかあさんといっしょ」にあるかもしれません。

さあ太陽を呼んでこい さかあがりの夕焼け さざんかのかきねの道を ザッザワチュンチュン 里の秋 サバシビア さびしいカシの木 さびしい殿様 さようなら サラマンドラ サンサンサン 3時のデート 算数チャチャチャ サンタが町にやってくる サンタクロース サンタクロースは不思議だよ  サンバピケーノ ざんぶりこ

 お役に立ちましたら、クリックをお願いします

さあ太陽を呼んでこい
作詞:石原慎太郎 作曲:山本直純

夜明けだ 夜が明けて行く
どこかでだれか 口笛を
きもちよさそに 吹いている
最後の星が流れてる
あかつきの空 明けの空
もうじき 若い日がのぼる

みんなが みんな歌うんだ
あの口笛に合わそうよ
流れる雲が輝くぜ
若いみんなの歌声で
あかつきの風 朝の風
すばらしい 朝を つくろうよ

この世に夜は いらないぜ
みんながこの手であかつきの
とびらを空に開くんだ
さあ 太陽を呼んでこい
あかつきの雲 朝の雲
のぞみの鐘を 鳴らそうよ
▲ページのトップへ戻る

里の秋
作詞:斎藤信夫 作曲:海沼実

しずかな しずかな 里の秋
おせどに木の実の 落ちる夜は
ああかあさんと ただ二人
栗の実 にてます いろりばた

あかるい あかるい 星の空
なきなきよがもの 渡る夜は
ああとうさんの あのえがお
栗の実 たべては おもいだす

さよなら さよなら 椰子の島
お舟にゆられて かえられる
ああとうさんよ ご無事でと
今夜も かあさんと 祈ります
▲ページのトップへ戻る

さびしいカシの木
作詞:やなせ・たかし 作曲:西脇久夫

山の上の一本の
さびしい さびしい カシの木が
遠くの国へ いきたいと
空ゆく雲に たのんだが
雲は だまって いってしまった ララ……

山の上の一本の
さびしい さびしい カシの木が
わたしといっしょに くらしてと
やさしい風に たのんだが
風は どこかへ きえてしまった ララ……

山の上の一本の
さびしい さびしい カシの木は
今では すっかり年をとり
ほほえみながら 立っている
さびしいことに なれたしまった ララ……
▲ページのトップへ戻る

サンタクロース  
作詞:水田詩仙 作曲:フランス民謡(PD)

あかいきものの サンタ クロース
サンタ クロース
大きなふくろを おもそうにしょって
どこへ いくの

しろいおひげの サンタ クロース
サンタ クロース
おみやげいっぱい いいこにあげよう
うんとこしょ どっこいしょ
▲ページのトップへ戻る

サンタクロースは不思議だよ
作詞:サトウハチロー 作曲:中田喜直

サンタクロースはね
いついつごろから しろいひげ
かあさんの かあさんの
そのまた かあさん そのかあさん
そのかあさんの そのかあさんの
かあさんがね
あかちゃんでいたときも しろいひげ

サンタクロースはね
いついつごろから あのおべべ
とうさんの とうさんの
そのまた とうさん そのとうさん
そのとうさんの そのとうさんの
とうさんがね
坊やちゃんでいたときも あのおべべ

サンタクロースはね
いついつごろまで そりでくる
あかちゃんの あかちゃんの
そのまた あかちゃん そのあかちゃん
そのあかちゃんの そのあかちゃんの
あかちゃんがね
かあさんになるときも そりでくる

サンタクロースはね
いついつごろまで あのおとし
坊やちゃんの 坊やちゃんの
そのまた 坊やちゃん その坊やちゃん
その坊やちゃんの その坊やちゃんの
坊やちゃんがね
とうさんになるときも あのおとし
▲ページのトップへ戻る

ざんぶりこ
作詞:林柳波 作曲:宮原禎次

ざんぶりこ どんぶりこ
ざんぶり どんぶり ざんぶりこ
浜べの砂で あそんでる
波と子どもの おにごっこ

ざんぶりこ どんぶりこ
ざんぶり どんぶり ざんぶりこ
いつか日が暮れ 月が出て
波はひとりで おにごっこ
▲ページのトップへ戻る

3時のデート
作詞:高田ひろお 作曲:福田和禾子

ぼくエミをバスてい前で まってたよ
ジーンズのポケットに手を入れてさ
ぼく字がかけるようになったなら
心のなかのいろんなことをかきたいな
おやつのかわりの 三時のデート
丘の上の小さな公園
夕日も空となかよくなって
ほっぺをまっかにしているよ

ぼくエミのシャンプーのにおい すきなんだ
いつものあたらしいにおいだから
ぼくでんわできるようになったなら
おやすみまえにママにないしょでかけたいな
おやつのかわりの 三時のデート
丘の上の小さな公園
小犬もはととなかよくなって
ほっぺをまっかにしているよ
▲ページのトップへ戻る

さかあがりの夕焼け / 清須邦義 ※JASRAC無信託
作詞:清須邦彦 作曲:清須邦彦

夕暮れの校庭に残されたものは
いくつもの足跡と忘れかけた夢
鉄棒にぶらさがり ひと回りしてみた
暮れなずむ町の空に さかあがりの夕焼け

いつにない楽しさは 時の流れをよそに
いつの日もここにある 確かなぬくもりのせい
夕暮れの校庭に描かれた地図には
どこにでも旅に行ける あどけない汽車
指先で書いてみた くり返し書いてみた
幼な子の小さな背に 後ろ姿の夕焼け

いつにない淋しさは 過ぎた日の短さ
いつの日にもここにある もうひとつのふるさとのせい
もうひとつのふるさとのせい
▲ページのトップへ戻る

サバシビア
作詞:山元護久 、作曲:宮崎尚志

スイム スイスイスイ
スイム スイスイスイ
スイムスイムスイム
スイムスイムスイ
スイムスイムスイム
スイムスイムスイ

かえるの およぎだ
スイスイスイ スイスイスイ
かえるは ひらおよぎだ
スイスイスイ スイスイスイ

サバシビヤ サバヤ
サバヤサバヤシ
サバサバシビ ホ

サバサバサバサバ
サバシビヤヤ
サバサバサバサバ
サバシビヤヤ
サパタ サパタサパタヤ
サパタ サパタサパタヤ
▲ページのトップへ戻る

さびしい殿様
作詞:吉岡治 、作曲:井上かつお

わらいをわすれた 殿様が
さびしくなって しにそうだ
そこで カガミにむかって
わらいのおけいこだ
……わらい……
なんだかすこし なんだかすこし
ゆかいになってきたよ

それからまいにち 殿様は
あさひるばんと おおわらい
そこで けらいもつられて
わらいのおけいこだ
……わらい……
なんだかやたら なんだかやたら
ゆかいになってきたよ

けらいのかぞくが まねをして
となりのひとが まねをして
やがて くにじゅうだれでも
わらいのおけいこだ
……わらい……
おかげでみんな おかげでみんな
ゆかいになってきたよ
▲ページのトップへ戻る

サンサンサン
作詞:井出隆夫 、作曲:高井達雄

サンサン そらからおひさまが
ひかりのてがみをくれました
おはなはさいたか
サンサン サンサンサン
みつばちはたらけ
サンサン サンサンサン

サンサン そらではおひさまが
いつでもみんなをよんでます
のはらへとびだせ
サンサン サンサンサン
げんきにおあそび
サンサン サンサンサン

サンサン だれにもおひさまは
おんなじおかおでわらいます
あのこもこのこも
サンサン サンサンサン
おおきくおなりよ
サンサン サンサンサン
▲ページのトップへ戻る

サンバピケーノ
作詞:片岡輝 、作曲:宮崎尚志

すってはいて すってはいて
すってはいて すってはいて
生きているから いきをする
すってはいて すってはいて
すってはいて すってはいて
すってはいて すってはいて
シュッポ シュッポシュッポ シュッポシュッポ
シュッポシュツポ シュツポ
シュッポシュッポ ポッポ
シュツシュッポポ シュッシュツポポ

ぽくのエスエル走ってく
まがってのびて まがってのびて
りょううでまるでピストルだ アハ
ピョンピョピョン ピョンピョピョン
ピョン ピョン ピョン ピョン
かえるの親子の おとおりだ

ドシントントン ドシントントン
ドシントントン ドシントントン
ぞうのよこづな おでしをつれて
ビョン ビョン ビョン ビョビョン
ビョン ビョン ビョン ビョン
ふたごのカンガルー おそろいで
ソソロゾロゾロ ゾロゾロソソロ
ありのいっかの おでましだ

(せりふ)「あっ! 森のおまつりだぁ!」
サンバサンバ サンバ ピケーノ
サンバサンバ サンバ ピケーノ
ゴリゴーリ ゴリゴーリ ゴリラのサンバ
プラープラー プラープラー コブラのサンバ
キーキー キッキッキー モンキーサンバ
ライライライ ライライライ ライオンサンバ

しちめんちょうの にじ色サンバ
ごくらくちょうの ごくらくサンバ
サンバサンバで夜がしらむ
おどりあかして日がのぼる
光の中でどうぶつは
ふーらりふーらり よこになる

すってはいて すってはいて
すってはいて すってはいて
生きているから いきをする
生きているから いきをする
▲ページのトップへ戻る

ザッザワチュンチュン
作詞:片岡輝 、作曲:宮崎尚志

ザッザワザッザワ ザッザワザッザワ
見わたすかぎりのこがねいろ
ザッザワザッザワ ザッザワザッザワ
一本足のかかしがぽっつん
ザッザワザッザワ ザッザワザッザワ
あみがさかぶって立ってます ひとりぼっちでさびしいよ
ザッザワザッザワ ザッザワザッザワ
だれかがあそびに来ないかな
ザッザワザッザワ ザッザワザッザワ
あくびがでるほどつまらない
ザッザワザッザワ ザッザワザッザワ

チュンチュクチュンチュク チュンチュクチュンチュク
そこへふらふらとんできた
チュンチュクチュンチュク チュンチュクチュンチュク
はらぺこぺこのすずめの一家
チュンチュクチュンチュク チュンチュクチュンチュク
きょろきょろあたりを見回すと いねのほ 風にゆれてます
チュンチュクチュンチュク チュンチュクチュンチュク
おなかいっぱいたべようと
チュンチュクチュンチュク チュンチュクチュンチュク
ごちそうめざしてまいおりた
チュンチュクチュンチュク チュンチュクチュンチュク

ザッザワチュンチュク ザッザワチュンチュク
それを見つけたかかしさん
ザッザワチュンチュク ザッザワチュンチュク
友だち来たぞとよろこびいさみ
ザッザワチュンチュク ザッザワチュンチュク
なかよくしようとかけよった いねのほかきわけかけよった
ザッザワチュンチュク ザッザワチュンチュク
シュルゥーン すずめはあわててにげてゆく
チュンチュクチュンチュク チュンチュクチュンチュク
つかまえられてはたまらない
チュンチュクチュンチュク チュンチュクチュンチュク

そこでかかしはまたひとり
ザッザワザッザワ ザッザワザッザワ
見わたすかぎりのこがねいろ
ザッザワザッザワ ザッザワザッザワ ザッザワザッザワ ザン
▲ページのトップへ戻る

さようなら
作詞:品川綾 、作曲:品川綾

ぼくのともだち さようなら
ぼくは遠くへいくんだよ
たくさんある思い出を
ぜったい忘れはしない
楽しかったけれど おしまいになった
みなさん さようなら お元気でいて

ぼくのともだち 元気でね
ぼくは遠くへいっちゃうよ
たくさんいるともだちを
ぜったい忘れはしない
※うれしかったけれど おわかれになった
みなさん さようなら お手紙ください※
ルルルル…… ルルルル……
(※繰り返し)
▲ページのトップへ戻る

さざんかのかきねの道を
作詞:坪井安 、作曲:沼本さとる

さざんかの さざんかの かきねの道を
えんそくの こどもたちがとおった とおった
おしゃべりの かずだけ さざんかの 花が咲いた

さざんかの さざんかの かきねの道を
木枯らしの こどもたちがとおった とおった
いたずらの かずだけ さざんかの 花がちった

さざんかの さざんかの かきねにそって
花びらの じゅうたんができた できた
だれがとおるか みていたら
冬のこどもたちが 歩いていった
▲ページのトップへ戻る


サラマンドラ/尾藤イサオ

作詞:加藤直 作曲:井達雄

燃える火に棲みつき ひとりぼっち
星を数えて ためいきひとつ
サラマンドラ サラマンドラ
炎(ひ)の中の竜

思い出数えて ひとりぼっち
黒いからだの 幻の竜
サラマンドラ サラマンドラ
炎(ひ)の中の竜

最後の夢から 一万年
仲間もいない おどけもの
夜空を鏡に ひとりごと
こぼれる炎(ほのお) ぐちひとつ

キバもなくした おかしな竜
誰か来て 彼と話して
サラマンドラ サラマンドラ
ひとりぼっち
▲ページのトップへ戻る

posted by takimari at 16:01 | Comment(0) | みんなのうた・童謡・唱歌 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]