2006年03月02日

みんなのうた・童謡・唱歌:ま

f歌詞をお探しの方、→→「おかあさんといっしょ」にあるかもしれません。

まあだだよ 牧場の朝 まきばのこうし まだ遅くは またねのうた 街にだかれて 待ちぼうけ  待ちわびブルース 真赤な秋  真赤なケシ  まっくら森の歌 まつぼっくり 松ぼっくり  まねっこロボット まほうつかいのこもりうた ママがでんわをかけてます ママとゴーゴー ママのエプロンかけるとね ママのおひざ 豆っこ打ち 毬と殿さま マルセリーノの歌 丸と三角と四角

 お役に立ちましたら、クリックをお願いします

牧場の朝 〜尋常小学唱歌
作詞:(PD) 作曲:船橋栄吉(PD)

ただ一面に 立ちこめた
牧場の朝の 霧の海
ポプラ並木の うっすりと
黒い底から 勇ましく
鐘がなるなる カンカンカンと

もう起きだした こやごやの
あたりに高い 人の声
霧につつまれ あちこちに
動くひつじの いくむれの
鈴がなるなる リンリンと

いまさしのぼる 日の影に
夢からさめた 森や山
赤い光に 染められた
遠い野末に ぼくどうの
笛がなるなる ピイピイと
▲ページのトップへ戻る

まきばのこうし
作詞:小林純一 作曲:川口晃

牛の子どもが まきばにいました
角もまだない 子どもの牛が

ぼくがよんだら 知らない顔して
草の葉っぱと 遊んでいました

ぼくがいつでも 牛乳のむから
それを子牛が 知っているから

おこっているのか まきばの子牛
知らない顔して 遊んでいました
▲ページのトップへ戻る

待ちぼうけ
作詞:北原白秋(PD) 作曲:山田耕筰

待ちぼうけ 待ちぼうけ
或る日せっせと 野良かせぎ
そこへ兔が とんで出て
ころり転げた 木のねっこ

待ちぼうけ 待ちぼうけ
しめた これから寝て待とか
待てばえものは 駈けてくる
兔ぶつかれ 木のねっこ

待ちぼうけ 待ちぼうけ
昨日鍬取り 畑仕事
今日は頬づえ 日向ぼこ
うまい切り株 木のねっこ

待ちぼうけ 待ちぼうけ
今日は今日はで 待ちぼうけ
明日は明日はで 森の外
兔待ち待ち 木のねっこ

待ちぼうけ 待ちぼうけ
もとはすゞしい黍畑
いまはあら野のほうき草
寒い北風 木のねっこ
▲ページのトップへ戻る

真赤な秋
作詞:薩摩忠 作曲:小林秀雄

まっかだな まっかだな
つたの葉っぱが まっかだな
もみじの葉っぱも まっかだな
沈む夕陽に 照らされて
まっかなほっぺたの 君と僕
まっかな秋に かこまれている

まっかだな まっかだな
からすうりって まっかだな
とんぼの背中も まっかだな
夕焼け雲を 指さして
まっかなほっぺたの 君と僕
まっかな秋に 呼びかけている

まっかだな まっかだな
ひがん花って まっかだな
遠くのたき火も まっかだな
お宮の鳥居を くぐりぬけ
まっかなほっぺたの 君と僕
まっかな秋を たずねてまわる
▲ページのトップへ戻る

真赤なケシ
作詞:加藤省吾 作曲:宇賀神光利

まっかな けし ゆれてる けし
何を思って いるのでしょ
そっとそよそよ ささやいて
どこかへ そわそわ にげてった
そよ風おもって いるかしら

まっかな けし 咲いてる けし
お話したそに しています
なんのお話 あるのでしょ
わたしがみてると 花びらが
ひらりとひとひら 散りました
▲ページのトップへ戻る

まつぼっくり
作詞:田中忠正 作曲:橋本国彦(PD)

ぼっくりぼっくり 松ぼくり
お山のお山の 松ばやし
拾うよ ぼっくり 松ぼくり

ぼっくりぼっくり 松ぼくり
落葉をふみわけ かきわけて
拾うよ ぼっくり 松ぼくり

ぼっくりぼっくり 松ぼくり
大きいのや小さいのも とりまぜて
拾うよ ぼっくり 松ぼくり

ぼっくりぼっくり 松ぼくり
かごにいっぱい たまるまで
拾うよ ぼっくり 松ぼくり
▲ページのトップへ戻る

松ぼっくり
作詞:広田孝夫 作曲:小林つや江

まつぼっくりが あったとさ
高いお山に あったとさ
ころころ ころころ あったとさ
おさるがひろって たべたとさ
▲ページのトップへ戻る

ママのおひざ
作詞:坂口淳 作曲:平岡照章

ママのおひざは よいおひざ
いつでもわたしが だっこすりゃ
おいしいおっぱい においます
ママのおひざは よいおひざ

ママのおひざは よいおひざ
上がり目下がり ねこの目で
つるりとすべって おかしいな
ママのおひざは よいおひざ

ママのおひざは よいおひざ
電車でんしゃにのったら こしかけよ
ジープも見えます おまどから
ママのおひざは よいおひざ

ママのおひざは よいおひざ
お歌うたやおはなし きいてると
とんとんとろりと ねむくなる
ママのおひざは よいおひざ
▲ページのトップへ戻る

豆っこ打ち
作詞:結城ふじを 作曲:中田喜直

背戸の日だまりに 莚っこをしいてな
豆っこ打ってる じいやとばあや
今年しゃ 豊作だで つぶっこみんな でっけえぞ
そこで にっこり こっくり
ばったん びったん どっさりこ

雀 かしの木で ちゅんちっちぃと歌えば
豆っこ打つ手の 調子がそろう
今年しゃ 味噌醤油 豆腐もたんと くえるぞ
そこで にっこり こっくり
ばったん びったん どっさりこ

村の祭りも もうすぐに 来るでな
豆っこ打つのは 今日あしたかぎり
今年しゃ孫たちの 着物ッこなんど 買えるぞ
そこで にっこり こっくり
ばったん びったん どっさりこ
▲ページのトップへ戻る

丸と三角と四角
作詞:若谷和子 作曲:溝上日出夫

おひさままあるい おやまはさんかく
ハンカチしかく だれかがチラチラ
ふってるよ

おさらはまあるい イチゴはさんかく
おぜんはしかく だれかがおやつを
たべてるよ

おつきさんまあるい おやねはさんかく
おまどはしかく だれかがおやすみ
いってるよ
▲ページのトップへ戻る

毬と殿さま
作詞:西條八十 作曲:中山晋平(PD)

てんてん てんまり てんてまり
てんてん てまりの てがそれて
どこから どこまで とんでった
かきねをこえて やねこえて
おもての とおりへ とんでった とんでった

おもての ぎょうれつ なんじゃいな
きしゅうの とのさま おくにいり
きんもん さきばこ ともぞろい
おかごの そばには ひげやっこ
けやりを ふりふり やっこらさの やっこらさ

てんてん てまりは てんころり
はずんで おかごの やねのうえ
「もしもし きしゅうの おとのさま
あなたの おくにの みかんやま
わたしに みさせて くださいな くださいな

おかごは ゆきます とうかいどう
とうかいどうは まつなみき
とまり とまりで ひがくれて
一ねん たっても もどりゃせぬ
三ねん たっても もどりゃせぬ もどりゃせぬ

てんてん てまりは とのさまに
だかれて はるばる たびをして
きしゅうは よいくに ひのひかり
やまの みかんに なったげな
あかい みかんに なったげな なったげな
▲ページのトップへ戻る

まねっこロボット
作詞:香山美子 作曲:越部信義

あべこべのベコベアは
まねっこの ロボット
おおきくったら ちいさく
ちいさくったら おおきく
あっちむきったら こっちむき
はしってたら とまって
とまってていったら
トカトカトカトカ トカトカトカ
はしっているのは だーれ

あべこべのベコベアは
まねっこの ロボット
てをあげてったら おろして
おろしてったら てをあげて
うえむいてったら したむいて
はしってたら あるいて
あるいてていったら
トカトカトカトカ トカトカトカ
はしっているのは だーれ
▲ページのトップへ戻る

待ちわびブルース
作詞:森田恭子 作曲:麻田浩

アイスクリームも とけまして
とっくにお日さま 暮れまして
目からは雨が降りまして
待ちわびの 待ちわびの
待ちわびのブルース

時計をみては 涙して
ため息歌も 絶えまして
愛することさえくたびれて
待ちわびの 待ちわびの
待ちわびのブルース

それでも待ってる 馬鹿でして
心の花も 枯れまして
星の降る夜 ただひとり
待ちわびの 待ちわびの
待ちわびのブルース
ヨロレイ ヨロレイ ヨロレイ
▲ページのトップへ戻る

街にだかれて
作詞:林紀彦 作曲:若松正司

雨がふる 風がふく 花がさく 人がすむ
世界のどこかの 小さな街にだかれて
だかれてねむってる
愛という名の 愛という名の 星くず

ふりかえり 思い出す かねの音と 石だたみ
世界のどこかの 小さな街にだかれて
だかれてねむってる
遠いむかしの 遠いむかしの 涙よ

ほほえんで はにかんで みつめあい 生きてゆく
世界のどこかの 小さな街にだかれて
だかれてねむってる
きのう生まれた きのう生まれた きみたち
▲ページのトップへ戻る

まあだだよ / ひばり児童合唱団
作詞作曲:持田治男、佐々木道明

今 僕は風になります
風になって ユミちゃんちに行きます
両手をまわして ワン・ツー・スリー
片足伸ばして ワン・ツー・スリー
ビューン・ビュンと二回言って 三回まわります
風になれたかな――まぁだだよ
もうなれたかな――まぁだだよ

今 僕はノミになります
ノミになって ゲンちゃんをかじります
両手をちぢめて ワン・ツー・スリー
両足ちぢめて  ワン・ツー・スリー
ピョーン・ピョンと二回とんで 三回まわります
ノミになれたかな――まあだだよ
もうなれたかな――まあだだよ

今 僕は空になります
空になって リエちゃんに手を振ります
両手をひろげて ワン・ツー・スリー
両足ひろげて ワン・ツー・スリー
ジャーン・ジャンと二回言って 三回まわります
空になれたかな――まあだだよ
もうなれたかな――まあだだよ
▲ページのトップへ戻る

まだ遅くは / 小椋佳
作詞:小椋佳 作曲:小椋佳

この愛に抱(いだ)かれて 当然みたいなシアワセ
つい忘れがちな私の かけがえのない青い星
あなたは地球 あなたのために何をしましょう
まだまだ遅くはない筈だから
※Tell me what to do for you
Tell me what I should have done
Tell me what to do for you
Tell me what I should have done for you

その愛の歓びを 限りないものにしたいと
やっと気がついた私が 生まれ生きて還る星
あなたは地球 あなたのために何をしましょう
まだまだ遅くはない筈だから
(※繰り返し)
▲ページのトップへ戻る

ママとゴーゴー
作詞:丘灯至夫 、作曲:越部信義

ママ ママ 明るいママ 
ママ ママ うれしいママ
花のようなママ 
いっしょに歌おう ゴーゴー
 たんぽぽママ さざんかママ
 アネモネママ しらぎくママ
 ひまわりママ チューリップママ
 ママはいっぱい いるけれど
ママ ママ 元気で若くて
ママ ママ ちょっと おこりんぼ
うちのママ 世界一
さあ いっしょに歌おう ゴーゴー

ママ ママ 楽しいママ
ママ ママ ゆかいなママ
エプロンかけたママ 
いっしょに踊ろう ゴーゴー
 コロッケママ ハムエッグママ
 トーストママ ホットドッグママ
 サンドイッチママ オムレツママ
 ママはいっぱい いるけれど
ママ ママ あまくて からくて
ママ ママ ちょっと けちんぼ
うちのママ 世界一
さあ いっしょに踊ろう ゴーゴー
▲ページのトップへ戻る

ママのエプロンかけるとね
作詞:ごうじゅん 、作曲:宮崎尚志

いつもは小さな女の子
ママのエプロンかけるとね
チャーミング チャーミング
お料理しましょう
エプロンロンロン エプロンロンロン
イチゴミルクが出来ました
やさしいママになったみたい

いつもは小さな女の子
ママのエプロンかけるとね
チャーミング チャーミング
お掃除しましょう
エプロンロンロン エプロンロンロン
お部屋がきれいになりました
やさしいママになったみたい
やさしいママになったみたい
▲ページのトップへ戻る

またねのうた
作詞:吉岡オサム 、作曲:越部信義

またね またね またあいましょう
このつぎあうまで ずんきでね

またな またな またあおうよな
あんまりいたずら するなよな
▲ページのトップへ戻る

ママがでんわをかけてます
作詞:仲倉重郎 、作曲:宇野誠一郎

ママがでんわをかけてます
もしもし あのねぇ そうなのよ
それでねぇ やっぱり オホホホホ
うちの ともこったら ウフフフ
それから それから それから それから
それから あらあらら たいへんだ
たまごがピヨピヨ
ひよこになっちゃったぁ

ママがでんわをかけてます
もしもし あらまぁ そうかしら
いやぁねえ でもねぇ オホホホホ
うちのパパったら ウフフフ
ところで ところで ところで ところで
ところで あらあらら たいへんだ
あきすがこっそり
はいってでていったぁ
▲ページのトップへ戻る


まほうつかいのこもりうた
作詞:有賀忍 、作曲:クニ河内

かばのカバン屋かんばんかけた
こんばんカバンのおおやすうりだ
買わないかばは
はよ ねんねしな はよ ねんねしな

ぞうのぞうり屋そうこのそうじ
ぞうきんそうじき そうぞうしいぞ
そうじがすんだら
はよ ねんねしな はよ ねんねしな

しかのかし屋はおかしなかし屋
しかくいかししかやかないかし屋
火事にきをつけ
はよ ねんねしな はよ ねんねしな

ねこのこな屋はこむぎここねる
こねたこななめてる どこのこねこ
おうちにかえって
はよ ねんねしな はよ ねんねしな
▲ページのトップへ戻る

posted by takimari at 12:01 | Comment(0) | みんなのうた・童謡・唱歌 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]