2012年06月29日

鳥の詩/杉田かおる

MusicTrackで公開しています。
再生は、ここをクリックして下さい。

バタさんとの初めてのコラボ曲でした。
プレ王で応援メッセージに「オケ、作りましょうか?」と書いてくださったのが最初で。
2004年の6月の録音なので、もうあれから8年も経ったんですね。
初めての経験で、この時は大変だったんですよ。
バタさんの言っている(書いている)事がわからなくて。
何回か歌いなおして、やっとOKをいただいた時の録音です。
何だか追い込まれた感じで、悲しくて仕方なかった中で歌ってます。
何が悲しかったんでしょうね(#^.^#)

※JASRAC許諾廃止につき、楽譜は削除しました。

鳥の詩/杉田かおる 1981年
作詞:阿久悠 作曲:坂田晃一

あなたがいた頃は 笑いさざめき
誰もが幸福に見えていたけど
人は人と別れて あとで何を想う
鳥は鳥と別れて 雲になる 雪になる
私の心が空ならば 必ず真白な鳥が舞う
鳥よ 鳥よ 鳥たちよ
鳥よ 鳥よ 鳥の詩

あなたを想うのは 日暮れ時から
あたりが夕闇に沈む時まで
人は人と別れて 夜にひとり迷う
鳥は鳥と別れて 月になる 風になる
私の心が水ならば 必ず北から鳥が来る
鳥よ 鳥よ 鳥たちよ
鳥よ 鳥よ 鳥の詩

あなたはいつの日か 巣立つ私を
静かな微笑みで見つめてくれる
人は人と別れて 愛の重さ覚え
鳥は鳥と別れ 春になる 秋になる
私の心が湖ならば 必ずやさしい鳥が棲む
鳥よ 鳥よ 鳥たちよ
鳥よ 鳥よ 鳥の詩



初投稿2005-12-02 08:50:52
【杉田かおるの最新記事】
posted by takimari at 13:57 | Comment(0) | 杉田かおる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]