2016年05月08日

歌詞の「転載」の意味について

このブログの記事にある歌詞を反転させて右クリックすると、「歌詞の転載は出来ません」と表示され、いわゆる、コピペが出来ない仕様になっています。
昨夜、この表示に対して苦情をいただきました。「コピー禁止の設定にして、歌詞の転載は出来ません、と出していますが、あなた自身も転載しているのでは?」というものです。確かに言われてみればその通りで、歌詞は私の作ったものではないのに、おかしな表示です。この表示の当初は「JASRACの許諾のないブログ等には転載出来ません。」でした。決して意地悪でコピペできないようにしているわけではなく、許諾のないブログに貼ると違法になります、と言うお知らせでした。

音楽を作るために、1970年〜80年あたりの、ヒット曲のメロ譜の掲載された月刊誌などをオークションで集め、当時は「大手の歌詞サイトにない歌詞がある」が自慢で、全て一字一句キーボードから文字を入れたものです。歌よりも歌詞を充実させたいと思った時期もありました。その当時は訪問してくださる方も少数でしたから、「アクセス解析」から足あとを辿って、こちらにある歌詞を貼っているブログを多数確認しました。こちらのブログのURLを一緒に貼ってくださっているので、「転載」だと認識できたわけです。でも、それらのブログには、JASRACの許諾はありませんでしたので、右クリックでお知らせする事にしたのです。同時に、右クリックの「警告」に賛否あることを知り、文章は短くなって行きました。

歌手のベスト盤CDが発売されると、大手の歌詞サイトにも歌詞が掲載されるようで、「このブログだけ」にある歌詞は、ほぼ皆無の状態となりました。現在は、JASRACの許諾がないブログでも、歌詞を掲載できるブログサービスが多数あり(このブログも、現在はそのサービスを利用しています。)、「歌詞の転載は出来ません」の表示は、ほぼ無意味なものとなりました。
ブログへの歌詞掲載について / JASRAC
http://www.jasrac.or.jp/info/network/pickup/blog.html

現在は、ある時期よりも後の記事には、この「お知らせ」は出していません。一つ一つの記事に記入する形にしてしまったため、大量にある記事を書き換える時間がありませんので、このままにさせていただきます。
ただ、JASRACに商用の多額の許諾料を支払って、コピペできないようにしているサイトと、こちらのように歌詞をコピペできてしまう個人ブログがあります。JASRACの商用利用には「コピペ不可」の対策をしないといけないのに、個人のブログには、そこまでを求めていません。確か、ヤフーブログなどは、歌詞サイトからコピペ不可で引用する形で表示される仕様だったと思いますが、作詞者の方を尊重するならば、「コピペ」の意味をきちんと考えてもいいのではないかと思います。
posted by takimari at 10:33 | Comment(0) | ★お知らせ 他 | 更新情報をチェックする