2013年03月17日

ぼくのプルー/岩崎宏美

これは2009年の歌です。歌詞を付けてYouTubeに上げました。
だって、この曲、素人さんが誰もUPしていないのです!(*^_^*)
宏美さんが歌われた当時の音源が一つ、上っているだけでした。
♪ひとりぼっちのぼくが プルーとあったのは… の「小犬のプルー」の方が、
世間では有名みたいですけど(YouTubeにもカバーがたくさんあります)、
私はこの「ぼくのプルー」の方が好きです。


http://youtu.be/qHdW2qoJJyQ



前にも書いたお話ですけど…小学校入学前まで宮城に住んでいて、シロという名のスピッツを飼っていました。昔ですから放し飼いで、近所の子供が石を投げたりするものですから、人に噛み付くようになってしまって…。それが病院に行かなくちゃいけないくらいの傷なので、保健所(現在は動物愛護センター)にも連絡が行くわけです。
ある日、縁側に置いておいた私のお菓子を食べていたので取りあげたら噛みつかれてしまいました。それは当時人気の、やっと手に入れたお菓子でした。私が6人目か7人目の怪我人でしたので、とうとう保健所がシロを迎えに来てしまったのです。お菓子を取り上げたことを本当に後悔しました。車に乗せられて連れて行かれるのを見送ったし、その夜は真っ暗で、いくら泣いても朝が来ないようでした。私はだから一人の夜が嫌いです。その後、仙台の大きな病院に貰われて行ったと聞きました。子供の私は意味もわからず、シロは可愛いから貰われて幸せになったのだと喜びました。でも大人になって、違う事を知りました。

家の裏は旧北上川で、水深も深くて土手も高かったのに、台風のたびに氾濫しました。台風の日に川から水が溢れ出して、裏の竹やぶを越えてやって来て、床下浸水しました。その時、シロは子犬を産んだばかりでした。普段、家に中に入るのが大嫌いだったのに、その日は子供を連れて暴雨風の中、家の中に飛び込んで来ました。水が入ってくるので慌てて引き戸を閉めたら、一匹だけ可愛がって名前を付けた、ピンク色のチャコをドアで挟んでしまったのです。でも、大丈夫でした。その後、全員貰われていきましたけど、チャコだけは消息がずっとわかって、孫・ひ孫と繋がっていました。初めて「ぼくのプルー」を聴いた時に、シロとの思い出が蘇って来たのでした。シロを思って歌いました。
最後まで読んでくださって、ありがとうございましたm(__)m
初公開:2009-03-03 12:27:43

※JASRAC許諾廃止につき、楽譜は削除しました。

「プルー」についての情報を集められた、ファンにはうれしいサイトをお知らせ。
プルーを愛する管理人さんが集められた情報が満載。
当時の懐かしいプルーの記憶が甦って来ます♪
小犬のプルー私設ファンサイト/イヌの生活←クリック

歌詞を見る
posted by takimari at 13:09 | Comment(10) | みんなのうた・童謡・唱歌 | 更新情報をチェックする