2010年07月26日

徒然曜日/手嶌葵

2007年に歌ったものです。作詞作曲:吉田ゐさお。

今回は宝の持ち腐れ状態だった「PowerDirector11 Ultra」で作りました。
これまで、まともに動く事がなかったのです。
今回、NVIDIAドライバを301.42に下げた所、嘘のように普通に使えるようになりました。
PowerDirectorの「ハードウェアエンコーダー」が使えなかったり、「レンダリング中」でお困りの方は、グラフィックドライバーのバージョン下げをお試しください。


https://youtu.be/LHjS696g4uM



歌詞を見る
タグ:手嶌葵
posted by takimari at 19:28 | Comment(0) | (歌)カテゴリに歌手名のない曲 | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

ミスティー/桜田淳子

大人になった淳子さんが、身体にピッタリとフィットしたボディスーツで歌われた、テクノっぽいアレンジが素敵な曲でした。それを敢えて?ピアノ弾き語り風で…(^_^.)

https://youtu.be/qts5QExlgy4



歌詞を見る
タグ:桜田淳子
posted by takimari at 16:51 | Comment(4) | 桜田淳子 | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

初恋のメロディー/小林麻美

オケ制作&MIXは桃印音符隊さんで、musictrackで公開していただきました。

再生は、ここをクリックして下さい。
歌詞を見る
posted by takimari at 22:27 | Comment(0) | 小林麻美 | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

真珠/オルゴール回し歌い


https://youtu.be/bMPNbjsmty8

α.JPG

メッセージ欄でリクエストをいただいていましたので、今回はオルゴールで”回し歌い”をしてみました。
オルゴールの音がきれいに聴こえるでしょうか?
ただ回すだけなのですが、回しながら歌うのって難しいですね〜。ピアノやギターを弾きながら歌われる方って本当にスゴイです。回すことに一生懸命ですので歌は付録、オルゴールをメインで聴いてください。かっこよく?テンポを落としてみたものの、元のテンポに戻れない…。これからも回し歌い、どんどん挑戦して行きます。
*33弁αオルゴールを使いました。


歌詞を見る
タグ:オルゴール
posted by takimari at 20:35 | Comment(0) | みんなのうた・童謡・唱歌 | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

SKシリーズのオルゴールのメカが日本製に

昨日、最初に買ったオルゴール”SK-3”のメカが外国製…と書いたのですが…日本製のメカを使った同じものが、すでに販売されていました。
http://suzuran.com/orga_main.htm#orga20_card
SK-3Sの、新たに付いたSは三協さんのSのようです。
価格は以前と比べ4000円高くなっています。

原田さんのブログ「ぶつくさ」で以前拝見したのですが(該当記事、見つけられませんでした)、中のメカが日本製か外国製か見分ける方法は…添付されている穴あけ五線譜シートが青か赤か。日本製なら赤、外国製なら青だそうですが…
はい、私のSK-3は見事にシートが青でした(>_<)
0001.jpg

シートの出口からも白いプラ部品を確認できます。
まだ100回も回していませんが、すでに「ぶぅお〜ん」と言う嫌な音がします。
修理不可能な外国製のメカを買うよりも、大事に長く使えた方がいいですよね。
私のSK-3も中のメカだけを三協さんのものに変えられたらいいのに。ですが、箱がビス止めではなく接着されているので、残念ながら、箱を壊す以外に開ける方法がないそうです。
タグ:オルゴール
posted by takimari at 12:20 | Comment(0) | シート式オルゴール | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

33弁αオルゴールで「夜霧よ今夜もありがとう」

0003.jpgとうとう憧れだった33弁オルガニート「αオルゴール」を購入してしまいました!(画像は自分で撮ったものに変えました)
私にはかなり高価なお値段なので迷っていたのですが、今月5日が母が亡くなってちょうど1ヶ月。入退院を繰り返していた母を元気付けたくて「オルゴール療法」という言葉を知り、そしてオルガニートを手にしたという事があり、生前は間に合わなかったけれど、母に聞かせてあげたくて思い切って手にする事が出来ました。(ついでに先月は私の誕生日でしたし。)

先日、話題にして先に購入したのはSKシリーズというオルガニートで、中のメカが外国製で部品がプラスチック製のようで軽く修理不可能です。9千円で修理出来ない使い捨て?というのも高い気がします。
今回手にした33弁オルゴールの、ズシリと手にした時の重さに驚きました。しかもSKシリーズはハンドルが軽く回りすぎ手が滑る感じがありましたが、αオルゴールのハンドルの適度の固さは全く滑る事がなく、演奏者のペースで回すことが出来て演奏しているという意識を高めてくれます。もちろん音も広がりをかなり感じ、フワッと音に包まれる感があります。膝の上でも床でもどこでも、きちんとしたいい音が出るよう作られている事に驚きます。

今回は製作された原田さんのご好意で20弁のオルガニートも貸していただいたので、どうしても半音を使わなければ、な曲は33弁で。編曲の楽しい曲は20弁でと使い分けて楽しみたいと思っています。
ぜひ興味を持たれた方は、原田さんのHPへ。ぜひご一緒に演奏しましょう。オルガニート用のシート印刷も原田さんの作られた「音のキャンバス」を使わせていただいています。自分の好きな曲を作れるって素晴らしいです。

私の場合、手回しにかなり体力を消耗します。これも2コーラスありましたが、この後、あまりにもたつくので1コーラスにカットしました。今後は最初から1分半以内に収めて曲を作ろうかと思います。
では、母の好きだった石原裕次郎さんの曲です。歌の好きな人でいつも口ずさんでいました。娘が生まれたのが7月17日で、裕次郎さんの命日と同じだったので喜んでいましたっけ。お約束で生まれ変わりかもしれない…話など出るのですが、そんなわけはありません。仏壇の前で、もういいよ、と言われるほど回して来ました。
タグ:オルゴール
posted by takimari at 13:32 | Comment(2) | シート式オルゴール | 更新情報をチェックする